新郎本人の挨拶謝辞 例文6

皆様、本日は私達の結婚披露宴にお集まりいただき、誠にありがとうございました。
最後に私からお礼の言葉を述べさせていただきたいと思います。

私と妻○○とは、保育園、小学校、中学校と幼なじみで、△△歳の頃に付き合うようになり、6年前23歳の時に長女□□を授かったことをきっかけに、いわゆる「できちゃった結婚」をしました。
先に籍を入れて、子供にパパとママの結婚式を見せようと思っていたのですが、次に長男◎◎の誕生、続いて次女☆☆の誕生と次々と子宝に恵まれ、結婚6年目にしてやっとこのような機会をつくることができました。

今月の24日に妻が30回目の誕生日を迎えるのですが、30歳までには絶対にウェディングドレスを着せてあげたいとずっと心に思っていたので、ようやくその夢が実現できたことがすごく嬉しいです。
また、○○のご両親にも、○○のウェディングドレス姿を今日までお見せすることができず、長い間お待たせしてしまったことをお許しいただければと思います。

しかし、6年の月日が経ち、こうして3人の子供達の前で、また日ごろよりお世話になっております皆様の前で、今日の日を迎えられたことを本当に幸せに思います。
そして、いつも私を支え、家事や幼稚園の送り迎えなど毎日サボることなく頑張ってくれている○○に心から感謝しています。

私の人生の多くに○○が共にいてくれて、これから先も共に歩んでいくことのできる喜びを今改めて感じています。付き合いだした頃よりも、結婚したあの頃よりも、今はずっとずっと大切な存在です。

○○と結婚して、本当によかったと思っています。
○○、いつもありがとう。

私も○○にとって頼りになる良き夫であり、3人の子供達にとって頼もしい良きパパでいられるように、一家の大黒柱としてしっかりと堅実に精進していきたいと思います。
これからも家族5人が皆健康で、日々笑いが絶えない今のままのこの家族でいつづけられることだけが、私の願いです。

今日ここにお集まりいただきました皆様の前で、これからも○○を幸せにすることを今一度お誓いし、新郎謝辞とさせていただきます。
本日は本当にありがとうございました。

新郎から新婦への手紙例文5

〇〇(新婦の名前)へ

改めて〇〇への気持ちをみんなの前で伝えておきたくて手紙を読みます。
少し照れくさいけど、聞いてください。

〇〇と初めて会った時のことを今でもよく思い出します。
それは、とある夏の日に俺が計画したバーべQでした。

椅子に座りながら楽しそうにお酒を飲んでいた君は
ひょんな拍子に椅子から落ちてしまって、
まわりはみんな心配したけど、
〇〇は川原で正座をしながら笑っていたね。

照れ隠しだったんだとは思うけど、
その姿が俺にはとても可愛くて、
辛いときにでもいつもこうして笑っているのかなって、
その明るさに惹かれて、すぐに好きになっていました。

付き合いだしてからもう○年がたって、
今日という日を迎えられて本当に嬉しいです。
俺は〇〇のいいこところもダメなところも全部が好きです。
結婚の記念に、〇〇の好きなところを10個発表します!!

1. 明るいところ
2. 優しいところ
3. 気が強いところ
4. 負けず嫌いなところ
5. 料理が上手なところ
6. 美味しそうにご飯を食べるところ
7. 動物が好きなところ
8. 愛犬家で▲▲をすごく可愛がっているところ
9. 時々寝坊してしまうところ・・・
10.そして、何よりその笑顔が好きです!

〇〇のその笑顔をずっと守っていけるように、
悲しませたり傷つけたりしないように、
これから先、何年の時がたっても、
〇〇をずっと愛し続けることを誓います。

俺からの願いはただひとつ、
いつまでも変わらない〇〇でいてください。
そして、俺を選んでくれてありがとう。
絶対に幸せにするから、おばあちゃんになっても
俺の隣でずっと笑っていてください。

いつか子供ができたら、
家族みんなで川原でバーべQをするのが俺の夢です。
その時はもちろんまた椅子から落ちて
笑いをとってもらうので覚悟しておいてね(笑)

◇年◇月◇日
■■(新郎の名前)より

新郎から新婦への手紙例文4

まずは、皆様へ、ご報告ご挨拶を改めてさせていただきます。今日はお忙しい中、ご出席いただき誠にありがとうございました。本日、私たち二人は、無事、式を終えることが出来き、晴れて夫婦となりましたことを、ここにご報告させていただきます。どうぞ、時間はまだまだありますので、この会を存分に楽しんでください。(出席者さまへの挨拶部分)

いままでの2次会なら新婦から新郎へのサプライズがあるものだと、ちょっと期待していましたが、今回は、新郎から新婦へのサプライズだということですごくテンパっています(笑)。こういった、手紙を書くのは初めてでしたが、今、式を終えて思うこれからと、そして、これまでの正直な気持ちと感謝を○○(新婦さまのお名前)へ送りたいと思います。(冒頭の挨拶と導入部分)

「○○へ

僕らが出会ったのは、ちょうど今日結婚式を挙げた、あの式場がきっかけだったね。「ピンクのジャージで元気に飛び回っているやつ」それが、初めて見た○○でした。その後の2次会で隣り合わせにならなければ、一生、「ピンクジャージ」だけが僕の中に残っていたかも知れません。

○○は、優しくて気配りが出来る人間だと思います。社交性にも優れているし、日々忙しいながら実家の家事をこなし、職場でもチームリーダーとしてがんばっている姿を見ると、尊敬できる最高の女性です。そういえば、いつのデートかお弁当を作ってきてくれた時は、物凄く感激したなぁ。全ての味も良かったし、お弁当独特の色の調和もとれていて最高でした。最近も時々作ってくれますが、おにぎりが多く、それがまたでかい。はやくも手抜きの予感がしています(笑)。また、気の強さも半端ではなく、ほとんど無いけどけんかすれば僕が負けることは百も承知です。ただ、すし屋さんで茶色いご飯にクレームをつけたとき、「それは赤酢です」と言われた時だけは恥ずかしかった。

結婚式の準備で忙しい日々を送っていたときも、母親が欠席すると言い出したことでギクシャクした家族関係を、詳しくは聞いていませんが○○が話を通してくれたことだけはなんとなく分かりました。相談したときの「私たちが悪いよね」という一言によって、両親の大切さや素直にならなければという気持ちも学ばせてもらいました。あの時のことは本当に感謝しています。

これ以外にも、甲子園に付き合ってくれたり、グアムに行ったり、沖縄に行ったり・・・今までいろんなことをしてきたね。プロポーズも1回目は失敗しちゃったけど、2回目でOKしてくれたときは、ホント嬉しかったのを憶えています。今後は○○が、今日まで一人で背負ってきた分を、少しでも負担を減らせるように協力していきたいし、なんなら、全て出来るぐらいのパワーを僕が身につけていくつもりです。これから、辛いとき、悲しいときいろいろあると思いますが、決して一人で背負わず相談してください。そして、働き過ぎず体が資本である事も最認識してください。

最後に、これからもずっと、今と変らぬ○○でいてください。僕は、汚い言葉遣いを直していきます。元気な体と今のままの○○。それ以外は何も望みません。一緒に幸せになろうな。これからもよろしく。」

新郎から新婦への手紙例文3

○○へ

○○に手紙を書くのは初めてだから驚いたかもしれないけど、今の俺の正直な気持ちを伝えたいと思いますので聞いてください。

○○と初めて出会ったのは一昨年の9月。俺が研修に行った××市(地名)の薬局で新人薬剤師として働いていたのが○○だったね。その頃は慣れない仕事に一生懸命な○○の姿がかわいくて、一緒に働くうちに少しずつ惹かれていきました。

一ヵ月ほど経って、俺から気持ちを伝えて食事に誘ったね。いつも笑顔で誰からも好かれる○○。食べることが大好きで特においしいスイーツには目がない○○。そんな○○といるといつの間にか癒されて、何回かデートをするうちに俺の中で「ずっと一緒にいたい」という気持ちが強くなっていきました。

そして、結婚の決め手になったのは、○○が患者さんの自宅に薬を届けに行ったある暴風雨の日。帰ってきた○○を薬局のみんなが出迎えようと窓を開けて待っていたにもかかわらず、それらに気付かずに別のところへ走っていってしまった時です。「この子は俺が守ってあげなければ・・」という父性のようなものが芽生え、結婚を決意しました。

去年の3月に俺が薬局立ち上げの準備で××(地名)、○○が△△(地名)に残り、遠距離恋愛になったけど、○○が週に一度は××(地名)まで会いに来てくれたお陰で寂しくなかったよ。6月に入籍して一緒に暮らし始めてからは、仕事で疲れていても必ずおいしい夕食を作ってくれる○○には心から感謝しています。時々ケンカもするけど、いつもすぐに仲直りして、そのたびにふたりの絆が深まっているような気がします。

考えてみると俺たちは出会ってから入籍までがアッという間だったね。周りからはスピード婚だと言われることもあるけど、俺は、その数か月で○○のいいところをたくさん発見したし、間違いなく俺の運命の人だと確信したよ。

○○、いつも俺に優しく接してくれてありがとう。俺は素直で飾らない○○のことが大好きです。世界で一番俺のことを理解してくれる○○を言葉では言い表せないくらい、大切に思っています。これからは楽しいことだけじゃなく、辛いこともあると思うけど、一緒に乗り越えていきましょう。大好きな○○の笑顔がずっと続くように、俺の一生をかけて守っていくからね。そして、2人がおじいさん、おばあさんになったとき、僕を選んでよかったと思ってもらえるように幸せにしますので僕を信じてついてきてください。2人で世界一幸せな家庭を作ろうね。これからもよろしくお願いします。

平成○年○月○日  ●●(新郎名前)

新郎謝辞スピーチ挨拶例文2

本日は私達ふたりのためにお集まりいただき、誠にありがとうございました。大勢の方々に祝福されて、新しい門出に立つことができ、妻、△△とともに幸せを心から実感しております。また、沢山の方々からの、心のこもった祝辞、激励をいただきましたこと、厚くお礼申し上げます。

3年の交際期間を経て、晴れて皆様の前で夫婦となれましたことへの喜びを、今深くかみしめております。これからは夫婦という新しい形を築いていくことになります。今まで経験しえなかった新しい生活に入りますので、まだまだ不慣れなことも出てくるかと思いますが、本日のこの素晴らしい宴を胸に、二人で前に進んでいければと思っております。

まだまだ未熟なところも多い二人ではございますが、皆様のご期待に沿えるように、私たちなりに努力してまいりたいと存じます。これからも皆様の末永い、ご指導・ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願いいたします。

本日の感動を忘れることなく、仲良く添い遂げる事を誓い、お礼の言葉をさせていただきます。皆様、本当に本日は、ありがとうございました。