忌み言葉・重ね言葉

披露宴のスピーチスピーチを行う際に気をつけることは、「忌み言葉」や「別れ言葉」などを使わないというのがあります。

「忌み言葉」とは、死や苦しみなど不幸を感じさせる

また、重ねるや再びという言葉も、再婚をイメージさせることからタブーとされています。

言葉以外にも「会社の宣伝」や「暴露話」、「女性(男性)関係の話」など、ユーモアのつもりでも、場が凍りついてしまうこともありますので避けるのが無難でしょう。

一番良いのは、主役の人柄を自分との関係の中でエピソードとして紹介し、最後に結びの言葉で締めることです。

【忌み言葉 重ね言葉】
終わる・切る・切れる・破れる・別れる・離れる・ 出る・去る・帰る・返る・飽きる・滅びる・苦しい・壊れる・とんでもない・また・ではまた・かさねがさね・皆々様・再び・死ぬ・枯れる・ますます・しばしば・ところどころ

結婚式スピーチ代筆専門店では、お客さまから頂いたエピソードを元に、より伝わる文章を作成させていただいております。万が一、原稿作成が難しいと感じていらっしゃる場合には、ご検討いただければ幸いです。

披露宴でのテーブルマナー

 

食事テーブルマナー最近では、和洋折衷レストランウェディングなども盛んに行われています。普段、ナイフやフォークを使い慣れない方にとっては、マナーが気になるところです。

まず披露宴会場の席につき、ポーチやバックがある場合、背もたれ・膝の上におきます。ナプキンは掛けずにそのままにしておき、食事の合図となる「乾杯の挨拶」などが終わり、食事が運ばれ始めたら膝の上に掛けます。

ナイフとフォークがいくつも並んでいる場合は、ナイフとフォークそれぞれをセットで「外側」から使い、皿を下げてもらうときに同時に持っていってもらいます。

そのとき、食事が終わっている合図として「二の字」に並べておくのがマナーです。まだ食事が途中の場合は「ハの字」にナイフとフォークを置いておきます。

その他、細かなテーブルマナーは存在しますが、あまり気にしすぎると食事がおいしくありませんので、まずは、出していただいた食事と会話を楽しむように心がけましょう。

披露宴での招待客服装

【女性の場合】

女性の服装披露宴当日に女性が気をつけなければいけないことは、まず、露出を控えること。そして、あまり華美な格好をされないことです。

あまり露出が多く、華美な服装では来賓等も訪れるため大変失礼です。

なるべく清楚なイメージを心がけることで、招待主である新郎新婦へのイメージもよくなることでしょう。

女性の場合、新婦の純白ドレスとお色が被らないように気を付けなければなりません。全身白色のドレスは避けた方が無難でしょう。

【男性の場合】

男性の服装男性の場合は、スーツが基本となります。通勤などに使っているスーツの場合は、シャツやネクタイを変えることで、フォーマルに仕上げることが出来ます。

結婚式や祝い事でのネクタイは「白」が基調とされていますが、それほど気にしなくとも良いかと思います。

唯一、「黒一色」は葬祭に用いられるため結婚披露宴ではさけるのが無難です。

普段仕事などで着用しているネクタイに、薄色柄のシャツなどでポイントを加えることでさわやかに仕上がります。

ご祝儀の相場

shugiご祝儀にはいくら包めばよいのか悩む方もいらっしゃるかと思います。

最近の相場としては、友人関係で3万円、親族ならば5万円程度というのが基準となっているようです。ただ、社会人になりたての方と年配の上司では、当然金額は変わってきます。

3万円を基準に、新郎新婦との関係やご自身の身の丈を考え、相当と思われる金額が良いでしょう。

あくまで、金額よりも二人を祝福する気持ちを持つことが重要です。ただし、4、6、9という数字は縁起が悪いとされていますので、この金額以外にしましょう。

ご祝儀袋に関しては、プリントされているものよりも水引が掛かっているものを選びましょう。中に入れる金額に応じて、袋も変えるのがベストですが100円~500円のもので十分です。

ご祝儀を渡すタイミングとしては、当日に受付で渡すのが確実です。受付にて「本日はおめでとうございます。」と挨拶し名前を記入したら、「気持ちばかりですが、お祝いでございます」と渡すのがマナーです。

この時、バックから直接取り出しても問題はないのですが、なるべくならば袱紗(ふくさ)に包んで行くのが良いでしょう。

袱紗が無い場合はそのままでも構いませんが、ズボンのポケットからグチャグチャになったものを取り出したり、直に持ち歩いたりするのはマナーが良くありませんので、胸ポケットや小物用のバックなど見えないところ折れ曲がらないところに保管しましょう。

また、ポケットなどが無い場合、ご祝儀袋を隠す役割の布をお使いになるのも良いでしょう。

招待状返信ハガキの書き方

招待状招待状への返事は、まず「御」という言葉を消し、出席・欠席のどちらかに○を付けます。

次に、出席・欠席それぞれに対する挨拶文を記入し、住所氏名を書き込み(入っている場合は不要)早めにポストへ投函します。

あくまで「招待状」という礼儀的なハガキですので、いつもの友人感覚で返信しないように注意しましょう。

欠席する場合は、せっかくのお誘いが失礼にならない様に、具体的な理由などいれず、やんわりとした辞退の言葉を記入します。

最後に、出席できない代わりとして、お2人に祝福の言葉を入れるのが望ましいかと思います。