新婦上司の祝辞例文11

●●(新郎)さん、△△(新婦)さんご結婚おめでとうございます。またご両家の皆様にも心よりお慶び申し上げます。(※主賓の場合・・・ご起立の皆様、どうぞご着席ください。)
私はただいまご紹介にあずかりました、新婦が勤務していた□□(会社)で■■(役職)を務めております、〇〇と申します。本日はお二人の門出をお祝いし、誠に僭越ではございますが、ひとことご挨拶させていただきたいと思います。

新婦の△△さんが弊社に入社されたのは、今から2年ほど前になります。△△さんは私にとっては姪にあたりますので、入社される前から存じておりました。ご覧のように彼女は小柄で可愛らしいという印象なのですが、実は非常に芯がしっかりとした女性です。彼女のお仕事ぶりを拝見しておりますと、自分が納得できないことはとことん追及したり、無理難題にも果敢に挑戦するなど、とても負けず嫌いなところが感じられます。

弊社で働きながら、ネイルの勉強もされていたほどの頑張り屋さんでもあり、私はそんな彼女を見ながら「小さな体のどこにそれほどのパワーがあるのか」と感心しておりました。また、泣き虫なところもありますので、思い通りに仕事ができず、悔し涙を流したり、思わず感動して嬉し涙を流していた姿も懐かしく思い出されます。明るくいつも笑顔の△△さんは、職場のムードメーカーであり、彼女の周りには笑い声があふれ、同僚からも可愛がられる存在でした。これからもその明るさと前向きさを忘れないで妻として、母として頑張っていってほしいと思っております。

新郎の●●さんには、本日初めてお目にかかりましたが、穏やかで優しそうなお人柄が感じられ、この人ならきっと△△さんを大切にしてくれると確信しております。今、こうして幸せそうな笑顔で並んでおられるお二人を拝見しておりますと、交際中、記念日だからといって手作りのプレゼントをしていた△△さんの微笑ましい姿が思い出されます。

ここでこれから長い人生を共に歩んでいかれるお2人にお願いがございます。それは、いつもどんな時も感謝の気持ちを忘れないということです。私の経験から申しましても、長い間一緒にいると感謝すべきことは増えていくはずなのに、どうしても「ありがとう」の言葉を声に出して伝えることが少なくなってしまいます。いくら感謝の気持ちがあっても、それをきちんと言葉にしなければ、相手には伝わりません。これは夫婦に限ったことではなく、自分たちを支えてくれているご両親や周りのすべての人たちにも常に感謝の気持ちを持ってほしいと思います。心からの「ありがとう」は言うほうも言われたほうも本当に気持ちのよいものです。どうか、いつまでもお互いを思いやり、心のこもった「ありがとう」が言い合える、温かい家庭を築いていってほしいと思います。
お二人の末永いご多幸をお祈りいたしまして、私のお祝いの言葉とさせていただきます。ありがとうございました。


●●(新郎)さん、△△(新婦)さん、ご結婚おめでとうございます。またご両家のみなさまにも心よりお慶び申し上げます。私はただいまご紹介にあずかりました、■■と申します。本日はお二人の新しい門出をお祝いし、ひとことごあいさつをさせていただきたいと思います。

新婦の△△さんと私は、平成17年に化粧品の海外ブランドである「〇〇」が日本に再上陸したときに、同じデパートのオープニングスタッフとして知り合いました。△△さんの第一印象は「なんてかわいい笑顔なんだろう」というものでした。まわりをパッと華やかにしてくれる、まるで向日葵のよう彼女の笑顔は、接客にも存分に生かされていました。△△さんがいるだけでその場が明るくなるのはもちろん、相手の立場にたった細やかな気配りができる女性ですので、お客様からもとても人気がありました。
ですから、私は、嫌なことがあっても決して顔には出さず、笑顔で対応している彼女の姿を見るたびに、「見習わなくてはいけないな」と思っていました。

また、△△さんは非常に頑張り屋さんであり、自分が決めたことは納得できるまで、全力でぶつかっていくという積極的な一面も持ち合わせています。今でもはっきりと覚えているのは、「お手入れ会」のキャンペーンで目標にしていた30万円の売り上げを目指して、スタッフ一丸となって頑張ったことです。その甲斐あって、見事、目標が達成できたときには、みんなで閉店後に思いっきり泣いたことも今では懐かしい思い出です。

私が店長に昇格したときも、まるで自分のことのように一番喜んでくれたのは△△さんでした。なかなか思うように実績が伸ばせず、悩んだときもありましたが、そんなとき彼女のひたむきに頑張る姿にどれだけ勇気づけられたかわかりません。

△△さんは年下ではありますが、お店のことではいつも相談にのってくれる、私にとっては心から頼れる大きな存在でした。ですから、私が退社することになったとき、「次の店長には△△さんしかいない」と思っていましたので、彼女の昇格が決まったときには本当にうれしく、安心して任せることができました。その後、昨年の秋まで、△△さんは店長として人懐っこい笑顔と思いやりのある接客でその実力を十分発揮されていたと伺っております。現在はお会いする機会は減ってしまいましたが、時々は食事でもしながら、新婚生活の様子を聞かせてほしいと思っています。

ここで、これから長い人生をともにされるお二人に、私から1つお願いがございます。それは、「ありがとう」や「ごめんなさい」という言葉を声に出して言い合うことです。思っているだけでは気持ちは相手に伝わりません。きちんと声に出して伝えることでお互いの気持ちを確認できるとともに、相手への愛おしさを実感できると思います。どんな時も思いやりの気持ちを忘れずに支えあい、これからの人生をしっかりと手を取り合って歩んでいってください。

●●さん(呼びかけ)、私が大好きな△△さんの向日葵のような笑顔が、いつまでも輝き続けられるように、たくさんの愛情で包んであげてくださいね。そして、お二人で温かく幸せな家庭を築いていってほしいと思います。
お二人の末永いご多幸とご両家のさらなるご発展をお祈りいたしまして、私のお祝いのごあいさつとさせていただきます。本日はお招きありがとうございました。

上司・主賓祝辞スピーチ例文10

○○さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。ご両家の皆さまのご良縁を祝い、心からお慶び申し上げます。ご指名により、僭越ではございますが、一言ご挨拶を述べさせていただきます。皆さま、どうぞご着席ください。

ご紹介いただきました、新婦△△さんが勤める株式会社××の■■と申します。当社は貨物の国際輸送に関わるサービス業を行っております。
△△さんは2007年4月に、情報システム部のウェブソリューション課に配属となり、ウェブ系のシステムを担当されております。当時、私は情報システム部内の他の課に所属しておりましたが、昨年4月より課長として異動になり、現在△△さんとは同じ課の上司部下という関係です。

さて、私の△△さんの第一印象は「できる人」です。それも、今の課に配属される前から彼女の仕事ぶりには注目しておりました。社内のシステムではありますが、比較的大きな開発を任され、システムの設計からプログラミング、そして全国の営業店への導入の説明会まで行っているのを見て、「入社2年目でこんなにできる人なんだ!」と驚き、感心したことを覚えております。

実際、同じ課になってみましても、その印象は変わりませんでした。難しい仕事をお願いしても、にっこり笑って「やってみます」と言ってしっかり仕上げてしまうという、有言実行的なタイプです。責任感が強く、最終電車まで残っていることもしばしばあるような頑張り屋です。また、課内ではみんなから「△△ちゃん」と呼ばれ、後輩からも慕われている存在です。

昨年5月には当社のホームページをリニューアルするというプロジェクトに、システム側の担当者として参画し、ホームページの動く環境の整備や、一部社内で作成したコンテンツの切り替え等を担当していました。リニューアルした後も保守という形で関わっています。皆さまも、そのことを意識なさって、ぜひ一度当社のホームページをご覧になってみてください。

さらに最近では、お客様とのシステムの打ち合わせや、プレゼンテーションで営業に同行することが多くなってきています。言われたものを作るという役割から、お客様に提案する役割に変わりつつあり、今後の活躍にも大いに期待しているところです。

このように有言実行で仕事をしっかりとこなす△△さんですから、ご結婚後も仕事と家事を両立し、お二人仲良く家庭を築いていかれることと思います。
そういえば、こちらのホテルからは山下公園に係留している氷川丸を眺めることができます。これからはお二人で1つの船に乗り、苦しい時には支えあいながら、人生という大海原を渡って行ってください。

お二人の前途が素晴らしいものでありますように、また、お二人の末永いお幸せとご両家の繁栄をお祈り申し上げまして、お祝いのご挨拶に代えさせていただきます。本日はまことにおめでとうございました。


●●(新郎)さん、△△(新婦)さんご結婚おめでとうございます。またご両家の皆様にも心よりお慶び申し上げます。ご起立の皆様、どうぞご着席ください。私はただいまご紹介にあずかりました、□□(会社名)の社長、〇〇と申します。本日はお二人の輝かしい門出を祝福し、誠に僭越ではございますが、ひとことごあいさつをさせていただきたいと思います。

新郎の●●さんとは、今から3年ほど前に取引先の営業マンの一人として知り合いました。当時の●●さんは、社外の人間である私の目から見ても明らかに営業能力が優れているのがよくわかるほど素晴らしく、思い切って1年半前に「当社に来てくれないか」と声を掛けさせていただきました。その結果、●●さんは当社に入社され、現在ではその実力を如何なく発揮されています。

●さんの仕事に対する情熱や真摯に取り組む姿勢、一秒たりとも時間を無駄にしない営業は、私をはじめ、従業員一同のお手本として見習うべき点が多く、●●さんを見るたびに気持ちを引き締めております。どんな仕事にもマイペース、いつも冷静で的確な判断を瞬時にできるところには感心させられます。

そして、責任感が人一倍強く、与えられた仕事はきちんと最後までやり遂げてくれるので「●●さんに任せておけば大丈夫」という安心感があります。特に営業能力は私が見込んだとおり、非常に長けているので、新規のお客様を開拓することに関しては、彼の右に出る者はいないと思っております。それは、彼がいつも新聞には隅々までしっかり目を通し、情報収集を心がける努力の賜物だと思っております。私が期待した以上の働きぶりには、厚い信頼を寄せるとともに、今後のさらなるご活躍にも大いに期待を寄せております。

また、●●さんとは、プライベートでも時々飲みに行ったりしましたが、そんなときでも、彼には無駄な時間が一切ないことには驚きました。計画的に物事を進めるお仕事ぶり同様、遊ぶときもきちんとしているなと、改めて彼の几帳面でまじめな一面を垣間見ました。そんな●●さんですから、新婦の△△さんにプロポーズするときもきっと綿密な計画をたてて、万全の体制で臨んだのではないかと勝手に想像しておりますが、いかがでしょうか(笑)。

△△さんには本日初めてお目にかかりましたが、先ほどから●●さんを見つめる温かい眼差しに聡明さと優しさが感じられ、「この人なら間違いない」と確信しております。どうか、いつまでも●●さんを信じ、支えてあげてください。

ここでこれから長い人生を共に歩んでいかれるお2人にお願いがございます。それは、いつもどんな時も感謝の気持ちを忘れないということです。長い間一緒にいると感謝すべきことは増えていくはずなのに、どうしても「ありがとう」の言葉を声に出して伝えることが少なくなってしまいます。いくら感謝の気持ちがあっても、それをきちんと言葉にしなければ、相手には伝わりません。これは夫婦に限ったことではなく、自分たちを支えてくれているご両親や周りのすべての人たちにも常に感謝の気持ちを持ってほしいと思います。心からの「ありがとう」は言うほうも言われたほうも本当に気持ちのよいものです。どうか、いつまでもお互いを思いやり、おじいさん、おばあさんになっても心のこもった「ありがとう」が言い合える、温かい家庭を築いていってほしいと思います。

簡単ではございますが、お二人の末永いご多幸とご両家のさらなるご発展をお祈りいたしまして、私のお祝いのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

恩師祝辞スピーチ例文9

ただ今、ご紹介をいただきました○○高等学校(新婦さまの卒業校)にて教員をしておりました◇◇と申します。現在は異動となり○○高等学校に勤務しております。

本日は、このようなおめでたい席に、お招きをいただきまして誠にありがとうございます。ご新郎、ご新婦、ならびにご両家の皆様方におかれましては、心よりお祝い申し上げます。大変、僭越ではございますが、一言、お祝いのご挨拶をさせていただきたいと思います。(〔立席の場合は〕どうぞ皆様、ご着席くださいませ)

わたくしは○○君、△△さん共に、高校の3年間、担任をしておりました。おかげで、お二人の高校時代のエピソードには事欠かないと自負しております。

新郎○○くんは、学生時代から謙虚で素直な性格の持ち主でございました。野球や資格取得にも積極的で成績優秀・スポーツ万能。他の見本となれる様な生徒だったのを覚えております。現在は、手に職を付けたいということで理容室に勤めておりますが、接客の面でも、彼の人柄ならば非常に合っているのではないかと感じております。

一方、新婦△△さんも明るく活発で、しっかりとした芯を持ち、相手を思いやることのできる非常に頭の良い方でした。学校行事への積極的な参加はもちろん、部活動では部長として後輩をよく指導され、現在は全国大会へも出場している部の、基礎を築いたと確信しております。

正直なところ、まだまだ、お二人についての話は尽きません。といいますのも、○○さん、△△さんは、私が教員となり初めての生徒であったという特別な面がございます。当時、教師としては至らない部分もあったはずですが、本日、こうして教え子のおめでたい席にお招きいただいたことを非常にうれしく思っております。

お二人とも、まだ若いので、今後いろいろな荒波が、人生において降りかかってくることがあるかもしれません。しかし、他の方には分からない、若いからこそ乗り切れる試練というのも数多く存在しております。それを越えたとき、お二人の人生において大きな財産となることは間違いございません。

高校生という多感な3年間を拝見させていただいた私には、お二人が力を併せれば、必ずやそれが出来るだろうと確信しております。私にとっても、初めて担任をした生徒が、大きく成長していく姿は、何事にも変えがたく、ご両親にも似た歓びでございます。ぜひ、これから暖かく幸せな家庭を築いていってください。お二人の未来に幸多きことをお祈りし、お祝いの言葉とさせていただきます。ご清聴、誠にありがとうございました。

主賓祝辞スピーチ例文8

ただ今、ご紹介をいただきました、◇◇(社名)において新郎○○君と共に代表をいたしております、○○と申します。本日は、このようなおめでたい席に、お招きをいただきまして誠にありがとうございます。

ご新郎、ご新婦、ならびにご両家の皆様方におかれましては、心よりお祝い申し上げます。列席者の皆様を代表して、祝辞を述べさせていただくという名誉にあずかり、大変、僭越ではございますが、一言、お祝いのご挨拶をさせていただきたいと思います。(〔立席の場合は〕どうぞ皆様、ご着席くださいませ)

新郎 ○○君、新婦 △△さん、ご結婚おめでとうございます。

○○君とわたくしの出会いは、かれこれ11年前に遡ります。当時、勤めていた会計事務所へ、彼が入社してきた事がきっかけでございます。その後は、お互い退職しても、年に数回連絡を取り合う仲でございました。そして、4年前に、○○君が念願であった税理士試験に合格したことで、さらに親交を深めることとなり、今年の8月からは共同経営者として事務所を開設するまでに至っております。

出会った当時は上司と部下という関係ではございましたが、勤務中はお互い非常に忙しい業務をこなしており、決算期など、一晩中、税務署や役所をかけ回り、明け方になってやっとラーメンを一緒に食べることが出来たというような思い出もございます。こういった非常に忙しい仕事をこなしてきたことが、ひとつの縁となり、今ではお互いが独立した立場で助け合える存在にまでなっております。

また当時より、○○君は人付き合いが良く、誰からも好かれており、仕事の面でも物事を冷静に見極めることが出来る、大変有能な人材でございました。それは、経営者となった今でも変わりなく、非常に頼りになる存在であります。

先ほどから○○君の隣で、微笑んでいらっしゃる△△さんも、大変お美しい方で、本当にお似合いなお二人であると実感すると共に、今後、仕事の面では○○君を、陰で支えていただける存在になるであろうと感じております。

本日、大変多くの方がいらっしゃっておりますが、皆様に本当に祝福される結婚とは、当人同士がお互いを思いやり、支えあって、幸せになっていただくことだと思っております。

これからお二人の幸せな姿を、列席者の皆様と共にいつまでも拝見させていただければ、友人として、又、仕事の仲間として、これ以上の歓びはございません。お二人の前途に、明るい未来が多かれとお祈り申し上げ、私のお祝いの言葉とさせていただきます。○○君、△△さん、本日は誠におめでとうございました。

主賓祝辞スピーチ例文7

ただ今、ご紹介をいただきました、株式会社○○の代表を務めております、◆◆と申します。本日は、このようなおめでたい席に、お招きをいただきまして、誠にありがとうございます。

ご新郎、ご新婦、ならびにご両家の皆様方におかれましては、心よりお祝い申し上げます。列席者の皆様を代表して、祝辞を述べさせていただくという名誉にあずかりました。大変、僭越ではございますが、一言、お祝いのご挨拶をさせていただきます。(〔立席の場合は〕どうぞ皆様、ご着席ください)

新郎 ○○君、新婦 △△さん、結婚おめでとう。

○○くんには、現在、弊社で○○(業務内容)などを担当してもらっていますが、毎日忙しく、夜遅くまで大変な苦労を強いている部分もございます。ですが、そんな中でも真面目に、そして、積極的に仕事に打ち込む姿は、とても頼もしく、いろいろな意味で今後を期待しています。

そんな真面目な仕事ぶりの一方、マイペースな所もあり、彼は熱烈なロッテファンなのですが、彼女をほったらかしにして、球場へ足を運んでいるという話も聞いています。何事も熱中するのは良いことですが、あまり、△△さんをほったらかしにせず、これからはもっと大切にしてください。

新婦△△さんには、本日、初めてお会いしましたが、大変お綺麗で、先ほどから○○くんの隣で幸せそうに笑っている姿を拝見すると、本当にお似合いな二人だと感じています。仕事では、真面目で積極的な彼も、私生活ではだらしない所があるらしく、「彼女に助けられる部分が多くて、いつも感謝しています」と仕事中も言っておりました。どうぞこれからも、彼を支えてあげてください。

また、この場を借りて、△△さんにお願いがあります。社内ではコミュニケーションを深める意味で、社員同士の飲み会など、頻繁に行っています。新婚ということを考えれば、この様なお願いはするべきではないかも知れませんが、仕事上の付き合いとして、○○くんが参加することをお許しいただきたいと願っております。

新郎自身、「今まで無計画にお金を使ってきた自分が悪い」と、反省もしているようなので、お小遣い制も少し考えていただいて、使えるお金に余裕を持たせていただければと思っております。そうすれば、きっと人脈も広がり、彼が大きく成長するきっかけになることと信じております。とはいえ、家庭の舵取り役である△△さんのお考えもあるかと思いますので、もし、お小遣い制となっても、当然のことです。その時は、○○くん。お役に立てなくて申し訳ないが、出来る範囲でがんばってください。

最後になりますが、そんなお二人に向け僭越ながら一言、はなむけの言葉を贈らせていただきます。これはある方から頂戴した言葉なのですが、「たった一言が人の心を傷つける、たった一言が人の心を温める」という言葉がございます。これからお二人が、長い人生をともに歩んでいく中で、様々な困難が訪れるかもしれません。そんな時、この言葉を思い出していただき、心無い言葉をかけるのではなく、たった、一言でいいので相手を思いやる言葉をかけてあげてください。新しい人生をスタートされるお二人の、心の片隅にでも、この言葉を置いていただければ幸いです。お互い忙しく、時間の取れないことがあるかもしれませんが、会話を大切に、心の通じ合う暖かい家庭を作っていってください。

○○君、△△さん、本日は誠におめでとうございます。お二人の前途に、明るい未来が訪れることをお祈り申し上げ、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。それでは末永くお幸せに。ご清聴ありがとうございました。