従兄弟おじの親族代表謝辞例文6

皆様、本日は新郎新婦のためにお集まりいただき、まことにありがとうございます。
私は、新郎○○の従兄弟おじにあたる、■■と申します。大変僭越ですが、親族を代表いたしまして、一言、ご挨拶を申し上げたいと存じます。

○○君は私の従兄弟の息子にあたりますが、これまではなかなか会う機会もなくここまで来てしまいました。ですが、本日のおめでたい席を機に、○○家(新郎)同士、並びに△△家(新婦)、ここにいらっしゃる全ての皆様にとって、新しい繁栄となるような、お付き合いが出来ればと思っております。

私が○○と初めて会いましたのは、彼が中学生くらいの頃で、その時は真面目で大人しい男の子だなという印象を受けました。そして、先日、結婚するということで久しぶりに会ったのですが、しばらく会わないうちにすっかり大人になり、非常に頼もしく感じました。

その際、△△さんにも初めてお会いし、食事を共にしたのですが、二人が並んでいる姿を見ておりますと、明るく爽やかでお似合いのカップルで、微笑ましく感じました。

音楽にたとえれば、これまではそれぞれが「ソロ」で音を奏でてきました。ですが、これからは二人で美しい「シンフォニー」を奏でていただきたいと思っております。「シンフォニー」とは、ギリシャ語の「シン(共に)」「フォニー(響き)」という言葉から由来しているといいます。ぜひ明るく楽しい音を、いつまでも共に響かせてほしいと思います。

また、この先、すべてが順風満帆にいくとは限りません。どこかで、必ず試練が訪れます。けれども、そんな時には、本日、ご列席の皆様からいただいた温かいお言葉を思い出し、今日の幸せな初心を思い出してほしいと思っています。

ご列席の皆様には、今後とも、よりいっそうの変わらぬご指導とご鞭撻を二人にいただけますよう、親族を代表いたしましてお願い申し上げます。

それでは、両家並びに、ご列席の皆様の、益々の繁栄をお祈りいたしまして、私からのお祝いのご挨拶とさせていただきます。
本日は、お忙しい中、ありがとうございました。
お二人も末永くお幸せに。

叔父の親族代表謝辞スピーチ挨拶例文5

ただいまご紹介いただきました新婦○○の叔父にあたります■■と申します。○○家の親族を代表いたしまして、一言ご挨拶を申し上げます。

本日は、2人のため、ご多忙の中、多数ご出席を賜りましてありがとうございます。皆様のお力添えをいただき、このような宴をもてましたことを心からお礼申し上げます。また、お心のこもったたくさんのお祝いのお言葉に感謝いたしております。

これから、2人は、新しい人生を歩み始めます。なにぶん、若い未熟な2人ですので、至らないところも多々あることと存じますが、どうか今後とも皆様方の温かいご指導、ご鞭撻を承れますように、この場をおかりして、一重にお願い申し上げます。

また、新婦○○は、今後は、新郎△△くんの理髪店を手伝うことになりますが、「親しき仲にも礼儀あり」の精神を忘れずに、「ありがとう」「ごめんなさい」「お疲れ様」など、相手を思いやる気持ちをもって、謙虚な態度で、△△くんを末永く支えていってほしいと思います。

本日ご出席賜りました皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたしまして、簡単ではございますが、私の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

親族代表謝辞 スピーチ例文4

皆様、本日は、ご多用の中、○○家、△△家の結婚披露宴にご列席いただきまして、誠にありがとうございました。親族一同、心より感謝申し上げます。

私は、新郎○○君(名前)の「またいとこ(はとこ)」に当たります◆◆と申します。大変僭越ですが、親族を代表いたしまして、一言、ご挨拶を申し上げたいと存じます。

新郎○○君とは、私の父と彼の父が従兄弟同士で、また、私どもが○○家の本家、彼が分家筋ということでお付き合いをさせていただいております。先ほども申しましたように、○○君とは「はとこ」に当たるわけですが、年齢が離れているせいもあり、これまで親しいお付き合いをする機会も無く、ここまで来てしまいました。

ですが、本日のおめでたい席を機に、○○家(新郎)同士、並びに△△家(新婦)、ここにいらっしゃる全ての皆様にとって、新しい繁栄となるような、お付き合いが出来ればと思っております。

これからお二人は、新しい人生を歩んでいかれるわけですが、この先、すべてが順風満帆にいくとは限りません。どこかで、必ず試練が訪れ、それを乗り越えていくからこそ、より幸せな生活を送れるのだと思います。

今後、そういった、何らかの試練が降りかかってきた場合には、本日、ご列席の皆様からいただいた温かいお言葉を思い出し、また、アルバムなどを引っ張りだしてもらえれば、きっと、明るい笑顔に励まされることでしょう。今日の幸せな初心を忘れず、ずっと持ち続けていただければと思います。

「はとこ」という関係から言えば、こういったお説教じみたお話をさせていただく立場にございませんが、何分、年が離れているため、人生の先輩として片耳でも預けていただければと思います。

ご列席の皆様には、今後とも、よりいっそうの変わらぬご指導とご鞭撻を、主役であるお二人にいただけますよう、親族を代表いたしましてお願い申し上げます。私どもも、○○家の仲をより緊密にし、さらなる繁栄につなげて参りたいと存じます。

それでは、両家並びに、ご列席の皆様の、益々の繁栄をお祈りいたしまして、私からのお祝いのご挨拶とさせていただきます。本日は、お忙しい中、ありがとうございました。お二人も末永くお幸せに。

新婦父親謝辞 スピーチ例文3

新婦、△△の父、☆☆でございます。両家を代表しまして、一言ご挨拶をさせていただきたいと思います。

新郎、○○君を初めて△△に紹介された時のことをよく覚えております。目に力がある逞しい青年というイメージがございました。また、本日皆様のお話をお伺いしたところ、照れ屋で可愛らしい面もあり、さらに好感がもてた次第であります。きっと、△△を必ず幸せにしてくれることと確信いたしました。

△△は昔から、あまり手のかからない娘でした。何か気に入らないところがあっても、なかなか親に打ち明けることなく自分で解決してしまうような、そんなしっかり者の娘でした。そんな△△が心から胸の内を話せる○○君に出会ったことは、嬉しくもあり、親としては少し寂しいところもございます。しかし、誰よりも幸せな家庭を二人で作っていってくれることでしょう。

これから先は、私たち親の力だけでは支えきれないこともあるかと存じます。何卒、この若い前途ある二人に、皆様の温かいご支援のほど、何卒宜しくお願いいたします。

本日は、お忙しい中のご列席、本当にありがとうございました。

新郎父親謝辞スピーチ例文2

新郎・●●の父、○○でございます。本日はお忙しい中、ご列席いただきまして誠にありがとうございます。誠に僭越ではございますが、私から■■家、□□家を代表いたしまして、ひとことご挨拶をさせていただきます。

本日、新郎●●と新婦△△が新しい門出を迎えることができましたのも、ひとえに皆さま方のお陰と深く感謝しております。また、先ほどからご列席の皆様よりたくさんのご祝辞や励ましのお言葉を頂戴し、2人はもとより、親族一同、心よりお礼申し上げます。

●●は、3人兄弟の二男として生まれ、7人家族の中で育ちました。優しい祖父母にかわいがられ、甘やかされて育ったと思っておりましたが、毎年、祖父母にお年玉をあげたり、豪華な食事に招待している姿を見て、真っ直ぐで優しい子に成長してくれたことを大変うれしく感じております。

私はどちらかといえばアウトドア派で、子育てやしつけは妻や両親にまかせっきりで、ほとんど父親らしいことはしてきませんでした。それが子供たちにとってはよい反面教師になったようで、●●はもちろん、兄弟3人とも、とても素直で思いやりのある子に育ってくれました。

一方、新婦の△△さんは、数年前に●●から真剣にお付き合いしている女性だと紹介されました。その時から感じのよいお嬢様だと思っておりましたが、今年の6月に東京観光の案内をしていただいた際には本当に感動いたしました。しっかり者で細かいところまで気配りが行き届いており、短い時間ではございましたが、楽しい時間を過ごすことができました。たくさんの愛情を注がれ、時には厳しくしつけられたご両親の素晴らしい子育てを垣間見ることができ、この良縁に心より感謝しております。

そして、こんなに素敵な女性を射止めた息子を褒めてやりたい気持ちでいっぱいです。どうか、これからは、どんなときも2人で力を合わせ、助け合いながら温かい家庭を築き、いつか振り返ったとき、「この人を選んでよかった」と心から思えるような夫婦になってほしいと願っております。

とはいえ、まだまだ人生経験の少ない未熟な2人でございます。2人がつまずいたり迷ったりしたときには、どうか、皆様の温かいご指導、ご鞭撻で足元を照らしてやっていただきますよう、心よりお願い申し上げます。 最後にご列席いただきました皆様のご健康とご繁栄をお祈りいたしまして、私からのお礼の言葉とさせていただきます。本日はまことにありがとうございました。