乾杯の挨拶スピーチ例文5

ただいまご紹介にあずかりました、■■と申します。●●くん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。ならびにご両家のみなさまにも心よりお祝いを申し上げます。誠に僭越ではございますが、ご指名を頂戴いたしましたので乾杯の音頭をとらせていただきます。

新郎の●●くんとは、彼の兄である○○くんと私が同級生だったことから、顔見知りになりました。皆様もご承知の通り、○○くんは今から16年前に事故で他界してしまいましたが、弟の●●くんとは、その後も交流を続けています。彼はなんといっても明るく、思いやりがあり、だれとでもすぐに仲良くなれる社交的な性格です。

車の技術職をしている彼は、真面目で手先が器用な職人気質ではありますが、人懐っこいため、みんなから好かれており、私にとっては小さいころからかわいい弟のような存在でした。

私が建築関係の仕事をしているので、ご実家のリフォームや彼の新居の外溝工事を請け負ったり、反対に車の技術職である彼には電気工事を依頼したりと、仕事の上でもよきパートナーという関係です。

そんな●●くんが、今日は今まで見た中で一番幸せそうでなんだか頼もしく見えます。これからは、△△さんという素敵なパートナーと共に、どんな困難も乗り越えられる素晴らしいご夫婦になられることと確信しています。きっと、天国で見守ってくれている兄貴も弟の幸せな門出を心から祝福していると思います。そんな兄貴の分まで、お2人を応援していきたいと思っていますので、何か困ったことがあれば、いつでも気軽に相談してくださいね。どうか、お互いを信じ、助け合って、いつまでも笑顔があふれる温かい家庭を築いていってください。

それでは、みなさま、グラスを手に取り、ご起立をお願いします。
準備はよろしいでしょうか。

●●くん、△△さんの末永いお幸せとご両家、ならびにご臨席のみなさまのご多幸とご繁栄をお祈りいたしまして、乾杯をさせていただきます。

皆様どうぞ声高らかにご唱和をお願いします。

「乾杯!!」(ゲスト「乾杯!」)

ありがとうございました。


●●さん、△△さん、ならびにご両家の皆様、本日はまことにおめでとうございます。

ただいまご紹介いただきました、■■でございます。諸先輩方を差し置きまことに僭越ではございますが、ご指名により、乾杯の音頭をとらせていただきます。

新郎の●●さんとは、柔道整復師の専門学校でともに学んだ仲です。学生時代の彼はテスト直前だと言うのに一日中パチスロに興じ、それでもほぼ満点をとるくらい優秀でした。その一方で、私には追試という厳しい試練が待ち受けていたことは、言うまでもありません。

そして卒業から数年後には、山梨在住だった彼に私の方からお声をかけ、一緒に新潟で整骨院の経営を始めました。ところが最初はうまく行かず、毎日のようにケンカをしていたこと–気恥ずかしくも、いま胸の中に鮮明に蘇ります。紆余曲折を経て今に至る整骨院ですが、平成21年の開業時より3店舗展開となり、また現在では県内トップクラスの売上を誇っております。これも、人に厳しく自分にも厳しい●●さんと一緒だったからこそと、今は彼への感謝で一杯です。

そして今日は●●さんの晴れ姿を目の前にし、友人としてまた苦労をともにしてきた同士として、感無量の思いです。強面ながら心は温かく、また頼りがいのある●●さん。そして容姿端麗でしっかり者の△△さんなら、きっと二人三脚で明るく堅実なご家庭を築いていかれるものと、私は確信しております。●●さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。どうぞ末長くお幸せに!

それではおふたりの輝かしい未来と、ご両家ならびにご列席の皆様のご多幸・ご繁栄をお祈りいたしまして…
乾杯!
皆様、ありがとうございました。

乾杯の挨拶スピーチ例文4

僕は新郎○○君の友人である■■と申します。本日は、○○くん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。また、ご両家、ご親族の皆様にも、心からお祝い申し上げます。大変恐縮ではありますが、友人を代表いたしまして、乾杯の音頭とお祝いのご挨拶をさせていただきます。

まず、今の僕があるのも、新郎新婦がいてくれたおかげだと思っていますので感謝の言葉を送らせてもらいます。これは、僕が仕事などで行き詰まり、ボロボロになったとき、2人に、相談にのってもらい、また、一緒に遊んでもらえたことで、こうして元気に立ち直ることができたからです。

僕と○○君との出会いは大学時代になりますが、当時から○○君は責任感が強く、自分に厳しく、そして、人には愛情を持って接することが出来る本当に温ったかい友人でした。何度か、本気でけんかをしたこともありましたが、素直ではない僕を気遣い、いつも、仲直りのきっかけを与えてくれていました。そんな彼を見ていて、本当に大きな愛情を持った人間だなぁと思わずにはいられませんでした。また、新婦の△△さんも、やさしく、気配りができて、おしゃれで感性が豊かな女性であると感じています。○○くんと付き合い始めた当初から、彼女にもいろんな相談に乗ってもらいました。

僕にとって、その二人の生き方や仲の良い付き合い方は、人生と恋愛の身近な見本であり、これからも、それは変わらないと思います。二人にはいつまでも素敵な人生を送って欲しいと願っています。

(そんな僕から、ひとつだけこの場を借りて言わせてもらえるなら、ぜひ、△△さんには、○○君の支えをお願いしたいと思っています。○○君は、精神的な強さをもった人ですが、そのストイックさゆえ、自分を追い込み、抑えが効かなくなることもしょっちゅうかと思います。そういう彼の姿勢や性格はこの先も変えられないはずです。ですから、△△さんには、そんな彼を温かく見守って、支えていってほしいと願っています。そして、夫婦円満で明るく幸せな家庭を作っていってください。)

とにかく、ありがとうとおめでとうの気持ちでいっぱいです。長くなってしまいましたが、新郎新婦の末永い幸せと、ここにいらっしゃる皆様のご繁栄をお祈りいたしまして、乾杯させていただきます。

それではご唱和ください。乾杯!

*担当ライターからスピーチアドバイス*

()の部分に関しましては、時間に余裕がある場合にお話しいただけるよう追加しております。通常、乾杯の挨拶は大変短いのが通例となっております。しかし、今回は、友人代表のご挨拶も兼ねるということでしたので、通常の友人ご挨拶同じような形に作成させていただいております。話し方や間の取り方にもよりますが、合計2分程度の内容になっております。

あらかじめ、友人挨拶も兼ねるアナウンスがされている場合は、全てをお話しても問題ないかと思います。しかし、グラスを持ったまま何のアナウンスなく長時間のスピーチは、あまり歓迎されません。その場合、()の部分を削除いただくことで1分程度で終わる内容になりますので、状況に応じて、お使分けいただければと思います。それでは、■■さまのスピーチが成功いたしますようお祈り申し上げます。

新郎友人の乾杯の挨拶 例文3

友人代表 万歳三唱 ●●様

新郎、新婦、ご両家、ご親族の皆様、本日は誠におめでとうございました。きょうの良き日に、盛大な披露宴を、無事挙げられました事を心からお祝い申し上げます。

私は、新郎と小一からの幼馴染であります●●と申します。本日はお招きいただきありがとうございました。新郎とは、知り合ってからの数十年間、殴りあいの喧嘩もしましたし、悪いことや家出までしたこともございます。途中、ちょっとしたすれ違いなどありましたが30歳になった今でもいい関係を続けさせてもらっています。

新郎は一言で言えば、新しいもの好きのいたずら坊主でございます。その新しいもの好きの○○が、本日より新たな門出に立とうとしております。いろいろと悪さをしていた昔話も知っておりますが、今ではお坊さんとなり、本人的にも、あの頃の事は反省しているのではないかと思う次第でございます。

そんな○○の、本日の晴れの日を友人としておめでとうの気持ちいっぱいで見守っておりました。これから、いろいろと大変なこともあるかもしれませんが、△△さんを大切に思いやり、守ってあげて欲しいと思っております。また、○○ならばそれが出来ると確信しております。ぜひ、お互いを思いやる気持ちをいつまでも忘れず、明るい家庭を築いていってください。

 それでは、ご指名により万歳三唱の音頭をとらせて頂きます。お二人の末永い幸せとご両家の繁栄、そして本日、ご列席の皆様方のご健闘をお祈りし、万歳三唱をさせていただきます。
 
 どうぞ、皆様方、ご一緒にご唱和ください。

それでは、(万歳)×3 「拍手」 

本日は、おめでとうございました。

乾杯の挨拶 スピーチ例文2

●●(新郎)さん、△△(新婦)さんならびにご両家の皆様、本日はまことにおめでとうございます。私は、新郎の勤務する会社■■(会社名)で▲▲(役職)をしております、○○と申します。まことに僭越ではございますが、ご指名を頂戴いたしましたので乾杯の音頭をとらせていただきます。

私は●●さんの上司になって4年ほど経ちますが、その間の大変な努力や熱心に仕事に取り組まれるお姿を間近で拝見してまいりました。最近では落ち着いてテキパキと仕事をこなされる●●さんに頼もしささえ感じております。その仕事に対する熱意と大きな可能性を秘めた●●さんなら、2代目としていかんなくその実力を発揮されることと確信しております。

おおらかでやさしく、頼りがいのある●●さん、そしてしっかり者で笑顔が素敵な△△さん、これからは、どんな時もお互いを信じ、助け合って笑いの耐えない温かい家庭を築いていってください。

(みなさま、お手元のグラスをお持ちください。)

それでは●●さん、△△さんの末永いお幸せとご両家、ならびにご臨席のみなさまのご多幸とご繁栄をお祈りいたしまして、乾杯をさせて頂きます。 皆様どうぞ声高らかにご唱和をお願いします。

「乾杯!」 ありがとうございました。

乾杯の挨拶 スピーチ例文1

新郎新婦、ならびにご両家の皆様、本日はまことにおめでとうございます。ただいまご紹介にあずかりました●●でございます。
私は、新婦の勤務先である■■病院・リハビリテーション科の代表で、理学療法士をしております。 緒先輩方を差し置きまして、はなはだ僭越ではございますが、ご指名を頂戴いたしましたので、乾杯の音頭をとらせていただきます。

○○さん(新郎)、△△さん(新婦)、ご結婚おめでとうございます。お二人は元々同じ病院にお勤めで、○○さんは薬剤師、△△さんは作業療法士としてご活躍です。職場で出会い、お付き合いを始められたとのことです。新婦は結婚後もお仕事を続けられるということですので、家庭との両立が難しいと感じられることがあるかもしれません。けれども、お二人は同じ職場で働いていた経験からお互いの仕事に理解があると思いますので、なんでも話し合い、力を合わせて乗り越えていかれるに違いないと信じております。

また、お二人で生活し、刺激し合うことで、今まで以上に人としても成長し、それによって仕事の幅も広がっていくことでしょう。どうぞいつまでも仲良く、穏やかで幸せな家庭を築いてください。

それでは、新郎新婦の末永いお幸せと、ご両家、ならびにご臨席の皆様のご多幸とご繁栄をお祈りいたしまして、乾杯をしたいと存じます。みなさま、グラスはお持ちでしょうか?どうそ声高らかにご唱和をお願い致します。

乾杯!ご唱和どうもありがとうございました。