新婦の手紙スピーチ例文7

新婦から両親への手紙例文

お父さん、お母さん、○○年間大切に育ててくれてありがとうございました。
今までたくさん心配をかけてきたけど、いつも私を温かく見守ってくれた2人に、今はただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

お父さん、
私が小さいときは、夏になると田んぼで打ち上げ花火をしたり、白浜に旅行につれていってくれたり、紀ノ川にハゼ釣りにも行ったよね。私はお父さんと過ごす楽しい夏休みが大好きでした。お父さんと私は自他共に認める「似た者同士」だから、些細なことでたくさんけんかもしたね。素直になれず、反抗的な態度ばかりとっていた私を時には黙って見守り、時には厳しく叱ってくれたお父さん。大学のときには門限を何度か破って、思いっきり叱られたこともあったね。あの時はすごく怖かったけど、今から思うといつも私のことを心配してくれていたんだなとお父さんの深い愛情を感じています。

お母さん、
お母さんは私にとって一番の理解者で、いつも私が何も言わなくても気持ちをわかってくれたよね。どんな時も「明日は明日の風がふくのだ」と言って明るく笑っていたお母さん。私はそんなお母さんの優しい笑顔が大好きだったよ。落ち込んだときも体調が悪いときも、泣きたいときもその笑顔に数え切れないくらい救われました。それから中学・高校と毎日欠かさず、早起きしておいしいお弁当を作ってくれてありがとう。お母さんの作ってくれた世界一おいしいコロッケとハンバーグの味は一生忘れないからね。

2人には就職のことでもたくさん心配かけたよね。せっかく大きな会社に入社したのに、自分で勝手に辞めることを決めてしまってごめんなさい。でも、最初は反対していた2人が最後には私を心から応援し、「頑張りなさい」と言ってくれたときには、涙が出るほどうれしかったよ。不安な気持ちが吹き飛んで、とても勇気づけられました。そのお陰でただ単に報酬をもらうためだけに働くのではなく、とても充実した仕事に就くことができました。あの時、私を信じてそっと背中を押してくれたお父さん、お母さんには心から感謝しています。本当にありがとう。

私は今日、その温かい腕の中から飛び立とうとしています。たくさんの愛情を注いで育ててくれた2人に、何1つ親孝行らしいことができずにお嫁にいくことを許してください。2人の子供に生まれて本当に幸せだったよ。これからは■■さんと支え合って、お父さんとお母さんのようないつまでも仲のいい夫婦になりたいです。
最後に私を温かく受け入れてくださった●●家の皆様、ふつつか者ですがどうぞよろしくお願いします。


新婦から新郎への手紙例文

●●ちゃんへ

●●ちゃんと付き合って丸2年。いろいろなことがあったね。
●●ちゃんは私と初めて会ったときのことを覚えていますか?私は初対面で緊張しながらも、何とか楽しく会話をしようと頑張ったのに、●●ちゃんはそっけない態度で正直、「なんて愛想のない人なんだろう」って思ったよ(笑)。でも、ホントは●●ちゃんもすごく緊張していたんだね。
付き合うようになってからは、●●ちゃんはいつも私が楽しんでいるか、退屈していないかを気遣ってくれてたよね。重い荷物は必ず持ってくれたり、私の話をニコニコしながら聞いてくれたり・・・。そんな●●ちゃんを少しずつ好きになって、私だけではなくだれにでもきちんと気配りできるところを尊敬するようになりました。
血液型から考え方、行きたい所もよく一致して、不思議な運命を感じることもあったね。そんな●●ちゃんと一緒にいると心が穏やかになって、いつも温かい気持ちになります。だんだんと●●ちゃんの存在が大きくなり、私にとってかけがえのない大切な人になっていきました。だから、●●ちゃんから「結婚しよう」って言われたときには、本当にうれしかったよ。ありがとう。

2年前まではお互い存在さえ知らなかったのに、やがて自分たちの親よりも長い時間を一緒に過ごすなんて不思議だね。これからは、楽しいこと、うれしいことは大声で笑って2倍に、そして辛いこと、悲しいことは2人で半分こして乗り越えていこうね。
おじいちゃん、おばあちゃんになっても仲良く手をつないで散歩に行けたらいいな。
●●ちゃんに私と結婚して「本当によかった」と思ってもらえるように、頑張っていい奥さんになるからね。
こんなに多くの方に祝福されて、迎えられた今日のこの感激をいつまでも忘れないように、2人の心にしっかりと刻もうね。●●ちゃんと出会えて本当によかったよ。少しわがままな私ですが、どうか末永くよろしくお願いします!

新婦から両親への手紙例文6

お父さん、お母さん、○○年間大切に育ててくれてありがとうございました。
今までたくさん心配をかけてきたけど、いつも私を温かく見守ってくれた2人に、今はただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

お父さん、
私が小さいときは、夏になると田んぼで打ち上げ花火をしたり、●●に旅行につれていってくれたり、●●川にハゼ釣りにも行ったよね。私はお父さんと過ごす楽しい夏休みが大好きでした。お父さんと私は自他共に認める「似た者同士」だから、些細なことでたくさんけんかもしたね。素直になれず、反抗的な態度ばかりとっていた私を時には黙って見守り、時には厳しく叱ってくれたお父さん。大学のときには門限を何度か破って、思いっきり叱られたこともあったね。あの時はすごく怖かったけど、今から思うといつも私のことを心配してくれていたんだなとお父さんの深い愛情を感じています。

お母さん、
お母さんは私にとって一番の理解者で、いつも私が何も言わなくても気持ちをわかってくれたよね。どんな時も「明日は明日の風がふくのだ」と言って明るく笑っていたお母さん。私はそんなお母さんの優しい笑顔が大好きだったよ。落ち込んだときも体調が悪いときも、泣きたいときもその笑顔に数え切れないくらい救われました。それから中学・高校と毎日欠かさず、早起きしておいしいお弁当を作ってくれてありがとう。お母さんの作ってくれた世界一おいしいコロッケとハンバーグの味は一生忘れないからね。

2人には就職のことでもたくさん心配かけたよね。せっかく大きな会社に入社したのに、自分で勝手に辞めることを決めてしまってごめんなさい。でも、最初は反対していた2人が最後には私を心から応援し、「頑張りなさい」と言ってくれたときには、涙が出るほどうれしかったよ。不安な気持ちが吹き飛んで、とても勇気づけられました。そのお陰でただ単に報酬をもらうためだけに働くのではなく、とても充実した仕事に就くことができました。あの時、私を信じてそっと背中を押してくれたお父さん、お母さんには心から感謝しています。本当にありがとう。

私は今日、その温かい腕の中から飛び立とうとしています。たくさんの愛情を注いで育ててくれた2人に、何1つ親孝行らしいことができずにお嫁にいくことを許してください。2人の子供に生まれて本当に幸せだったよ。これからは●●さんと支え合って、お父さんとお母さんのようないつまでも仲のいい夫婦になりたいです。
最後に私を温かく受け入れてくださった●●家の皆様、ふつつか者ですがどうぞよろしくお願いします。

新婦から両親への手紙例文5

お父さん、お母さん、○年間大切に育ててくれてありがとうございました。
私は今、ふたりの娘であることを誇りに思うと同時に、今までたくさんの愛情を注いでくれたことに心から感謝の気持ちでいっぱいです。

お父さん、
お父さんは●年前に天国へと旅立ってしまったけれど、私の心の中には数え切れないほどのたくさんの思い出があります。
小学校の夏休みには、毎日毎日ソフトボールの投球練習をさせられ、「もういやだ」と泣き言をいう私に「弱音を吐くな」と叱ってくれましたね。でも練習が終わると「筋肉痛になるから」と腕にクリームを塗ってくれる優しいお父さんでした。そんなお父さんの厳しさと優しさから、私は粘り強く頑張ることを教わり、何とかソフトボールを続けることができました。最後の試合では「涙で試合が見られなくなるから」とバックネットの裏でこっそり応援してくれていたことを知り、お父さんと頑張った練習やお父さんの深い愛情を感じ、胸がいっぱいになったのを覚えています。大人になるにつれて、何となく照れくさくて会話も少なくなってしまったけれど、お父さんが入院したことをきっかけにたくさん話をしましたね。いつも元気で大きな声で笑っていたお父さんが病気になるなんて、信じられなかったけれど、そのお陰で私は最後にお父さんの気持ちや愛情を十分知ることができました。これからも、1人で頑張っているお母さんをどうかいつまでも見守ってあげてくださいね。

お母さん、
お母さんは私がお腹の中にいるとき、風疹にかかって大変な決断を迫られましたね。このまま産んでも五体満足という保証がなく、周りが心配する中、「この子を産みたい」と力強くきっぱりと言ってくれたとお父さんが教えてくれました。私はそれを聞いたとき、涙が出るほどうれしく、私はきっとお父さんとお母さんを選んでこの世に産まれてきたんだなと思いました。中学校のとき、試合の前緊張でご飯が食べられない私に持たせてくれたお母さんの愛情がつまったおにぎりの味は今でもはっきりと覚えています。高校では毎日おいしいお弁当を作ってくれてありがとう。社会人になってからも通勤時間が長い私の帰りをいつも心配してくれていましたね。考えてみるとお母さんにはお腹の中にいるときから、今日のこの日まで本当に心配ばかりかけてしまったけれど、いつも優しい笑顔で私を励まし、理解してくれていましたね。お父さんがいなくなってからも1人で頑張って育ててくれてありがとう。

人一倍大きな声で笑うお父さん、そしていつも明るくニコニコしているお母さん。私は友達からよく「●●ちゃんの家族はいつもみんな笑顔だよね」といわれます。私はそんな風に言ってもらえるお父さん、お母さんの子供で本当に幸せでした。心からの感謝の気持ちを込めて言わせてください。「今までありがとう」。
私は今日、その温かい腕の中から飛び立とうとしています。たくさんの愛情を注いでくれたふたりに何1つ親孝行らしいことができないまま、お嫁に行くことを許してください。これからは●●さんと支えあい、助け合いながらお父さんとお母さんのようないつも笑っていられる夫婦になりたいと思います。

最後に、初めてお会いしたときから、こんな私を温かく迎えてくださった●●さんのお父さん、お母さんには心から感謝しています。初詣で私の分までお守りを買ってきてくれるお父さん、遊びに行くと焼きたてのパンを用意して待っていてくれるお母さん、そんな優しいおふたりが私は大好きです。この世にまた「お父さん」と呼べる人ができたことと、もう1人「お母さん」と呼べる人が増えたこと、本当にうれしく思っています。ふつつか者ですが、どうか末永くよろしくお願いいたします。

新婦から両親への手紙例文4

お父さん、お母さん、今日まで私のことを大切に育ててくれてありがとうございました。今はただふたりへの感謝の気持ちでいっぱいです。そして、お父さんとお母さんの娘であることを誇りに思っています。

お父さん、お父さんは普段から私のことについてほとんど口を出さず、いつもそばで静かに見守っていてくれましたね。でも大事な判断を下すのは、いつもお父さんの仕事でした。若い頃から思ったことは即実行し、その都度成果を出してきたことをよく知っています。

私にとって、信念を持った尊敬できるお父さんです。今までは照れくさくて言えなかったけれど、そんなお父さんの性格を受け継いでいることを嬉しく思っています。ここ最近は一緒に食事をすることも多くなりましたね。お酒が入ると決まって、私の保育所への送り迎えを6年間ずっとやってきたんだぞという話を誇らしげにするけど、その話はもう耳にタコができるくらい聞かせてもらいました。これからは●●さんも交えて、皆で一緒にわいわい飲めることを楽しみにしていてね。

お母さん、
お母さんはそんなお父さんとは対象的に、高校や大学を卒業する時そして私が一人でシアトルへ渡航する時も、自分の心境や私へのアドバイスを手紙にして渡してくれましたね。
一時期は素直になれず反発していたこともあったけど、そんな時も手紙の文字からお母さんの心配や私への思いがあふれるように伝わってきて、思わず涙がこぼれたこともありました。いつも最初はダメと言って認めない私のわがままも、最終的には許してくれる…そんなお母さんが大好きでした。母と娘であるけれど、誰より気の合う友達のような関係でいられることは、何より私の自慢です。

私はお父さんとお母さんが20歳の時に誕生しました。ふたりともまだ若かったので、自分たちのことは二の次にして懸命に私を育ててくれたこと、今ならよく理解できます。お父さんが32歳の時政治家となってから、早や20年近く。お母さんにも色々と苦労が多かったのだろうと思いますが、●●さんのもとへ嫁ぐ今日、「お父さんとお母さんの子供でよかった…」という気持ちを強く噛みしめています。例え結婚しても、私がお父さんとお母さんの娘であることに変わりはありません。これからも●●さんが注いでくれる愛情に負けないくらい、ふたりに思い続けてもらえる娘でいたいです。ずっとふたりの笑顔を見ていたいから、いつまでも元気で長生きしてね。●●さんと力を合わせて、きっときっと幸せになります。お父さん、お母さん、本当にありがとう!最後に私を温かく受け入れてくださった○○家の皆様、今日は私たちの新しい門出を見守って下さり、ありがとうございました。ふつつか者ですがこれからどうぞよろしくお願いいたします。△△

新婦から両親への手紙例文3

お父さん、お母さん、32年間、大切に育ててくれてありがとうございました。

いままでたくさん心配をかけてきたけれど、いつも私を温かく見守ってくれた2人には今はただ感謝の気持ちでいっぱいです。

私は小さいころからお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんの

たくさんの愛情を注がれて育ってきました。

いつも私のわがままを聞いてくれて、私がしたい事を自由にさせてくれましたね。

でも、6年前、私が突然、銀座で美容業を始めたいと言ったときには、

初めて猛反対されましたね。

それでも思いついたら即実行しないと気がすまない私はみんなの反対を押し切ってお店の開業準備を始めました。

誰にも頼れず、一人で何もかも進めていましたが、本当は心の中は不安でいっぱいでした。

相談できる人もいなくて、心細さで眠れない日もたくさんありました。

そんな、不安を抱えながらのオープン前日、私は家族の深い愛情を思い知らされました。

慣れない運転で田舎から東京まで家族揃ってきてくれて、

「バカな子ほど可愛い」と言って、夜中まで準備を手伝ってくれましたね。

そのときの有り難さは言葉では言い表せないほどうれしくて、「私は1人じゃない、この家族だけは何があっても私の味方なんだ」と思いました。

準備が終わって朝方家に向かうタクシーの中でおばあちゃんがお祝いにと

わざわざ炊いて持ってきてくれたお赤飯を食べながら、「何があっても負けない!銀座で一番になる!」とあふれ出る涙に誓ったことを今でもはっきりと覚えています。

こんな私のことを信じて、応援してくれる家族のことを思うと、どんな困難も乗り越えることができました。

今、私の周りには私をささえ、一緒に戦ってくれるたくさんの仲間がいます。

これからは、その仲間も家族と同じように大切にしていきたいと思っています。

そんな私が●●さんと結婚したいと言った時、15歳も歳が違うからといってお母さんは大反対しましたね。

だから、当然、お父さんはお母さん以上に反対するか、あまりのショックで失神するのではないかと思っていました。

それなのに、お父さんは●●さんを一目見て、「男同士だからわかる。あいつは根が真面目でいいやつだ」と言って、快く結婚を認めてくれましたね。

大反対されると思っていた私たちは拍子抜けしたけれど、私が愛した人を理解してくれたお父さんの言葉が何よりもうれしかったです。

●●さんのプロポーズの言葉は「幸せにします」ではなく、「△△が幸せだと思う瞬間をこの先何度でも作っていけるよ」でした。

その約束を守るために彼はいつも私を大切にしてくれます。

彼となら、これから先、何があっても乗り越えていけると信じています。

今でも家族を振り回してばかりですが、どんな時も私の考えを尊重し、陰から支えて、大切に大切に守り続けてきてくれたこと、本当にありがとうございました。

お父さん、今までたくさんの愛情をありがとう。

お母さん、お母さんは私の目標です。

私もいつかお母さんのような母親になるからね。

何一つ親孝行らしいことができなかったけれど、私は2人の子供に生まれて本当に幸せでした。

最後に私を温かく受け入れてくださった○○家の皆さま、ふつつか者ですがどうぞ末永くよろしくお願いします。