新婦友人代表挨拶 例文

只今ご紹介いただきました、新婦友人の◆◆と申します。○○さん、●●さん、本日はご結婚おめでとうございます!ご両家のお父様、お母様、ご親族の皆様方へも、心よりお慶びを申し上げます。お二人の新しい門出に当たり、親友へのメッセージにお祝いと感謝の気持を込めて、ひと言述べさせていただきたいと思います。

新婦の●●さんと私は小学校の時からの友人で、中学時代までの9年間を、当たり前のように一緒に過ごしてきました。子供の頃の新婦は運動神経抜群で足が速く、負けず嫌いな性格も手伝ってでしょうか、成績も上々でした。そんな●●さんに憧れの気持ちを抱きつつ、私はいつも尊敬のまなざしで見つめていたものです。そして「コレ!」と決めたら、運動でも勉強でも生活の面でも、何事についても最後まできちんとやり抜くという力強さも持ち併せていました。けれどもその半面、女性らしい優しさがあふれ、甘えん坊で寂しがり屋という、男性なら思わず包み込んでしまいたくなるような可愛らしさが見え隠れしています。私は●●さんと一緒に青春時代を過ごす間に、「本気で人を愛する」ということを、彼女から自然に教わってきたような気がします。

また、新婦だけでなく、今日まで●●さんを深い愛情で大事に育んでこられたご両親のことも、私はとても尊敬しています。以前にはお宅へもよく遊びに行かせていただきましたが、いつでも明るく優しい笑顔で、誰よりも●●さんのことを想っている…いつもそんな風に感じていました。このように素適なご両親のもとで育った新婦であればこそ、ご主人やこれから生まれ来る子供たちへの愛情に満ちあふれ、家族の皆が心安らげる家庭を築いてくれると思っています。

今まで私たちはお互い空気のように、当たり前の存在だったので、今日この日を迎えてはじめて、友人として付き合ってきた月日の長さに驚かされます。それぞれの高校に進学したあとも、私達の関係は変わることなく、いつ会っても気を使わずに何でも話せる仲でした。恋愛や将来について夜通し語り合ったり、数えきれないくらいカラオケへ通ったり…歌を唄い出せば、すぐに互いの思いが伝わってくるのは、今も変わりませんね。

7年ほど前に私が上京してしまってからは、会う機会も少なくなってしまいましたが、上京の前日に●● さんが泣きながら私を見送ってくれたシーンは、今でも鮮明に胸の中に蘇ってきます。少しでも連絡がとれないと、「大丈夫かな、元気にしてるかな?」と、いつも気にかけていたものです。

でもこれからは、〇〇ちゃんという優しいパートナーが●●さんを守ってくれるのだと思うと、安心感でいっぱいです。新婦が生涯を共にする伴侶を迷わず決めることができたのも、きっと新郎の素晴らしい人柄がそうさせたのでしょうね。

この佳き日に真心を込めて、お二人へお祝いのメッセージを送れることをとても嬉しく思っています。

今はもちろんラブラブの二人ですが、これからは夫婦としての絆を大切に育みながら、どこよりも温かい家庭を作っていって下さいね。また家族が増えていくたびに、今ある喜びや幸せが幾重にも広がっていくはずです。赤ちゃんが生まれたら、一番に知らせて下さい。喜んで飛んでいきます!これからもずっーと仲良くしていってね。本日は本当におめでとう、いつまでもお幸せに!

新婦友人の手紙 例文11

●●さん、○○さん、ご両家のみなさま、本日はまことにおめでとうございます。
新婦・○○さんの小学校からの友人で、■■と申します。
本日は○○さんへのお祝いの気持ちを手紙にしてまいりましたので、この場を借りて読ませていただきます。どうぞお聞きください。

○○へ(※普段の呼び方など)

○○と出会ったのは小学生のときだから、早いもので、友達になってからもう■年が過ぎました。書道教室や短大時代のアルバイト先も同じだったけど、大人になってからもよくいろんなところへ遊びに行ったね。ドライブやカラオケ、毎年見に行った多度祭。それから、冬に雪山を運転して行ったスノーボード……。○○と一緒にいたら、何をしていてもどこに行っても楽しかったし、振り返ると、私たちは本当に仲がよかったな、と実感します。これからも月に一度くらいはランチに行ったりしゃべったりしようね。

改まって○○に自分の気持ちを伝えたことはなかったけれど、私は本当に○○と出会えて友達になれたことに感謝しています。
○○は真面目できっちりしている人だから、歯科助手の仕事で表彰されたり、書道も有段者で字がとても綺麗だったりと、ズボラで適当な性格の私から見たら、尊敬できるところがたくさんあります。髪型やネイルなど、細かなところまでおしゃれが行き届いているのも、女性として本当に素晴らしいと思います。
そして何より○○のいいところは、周囲の人にいつも思いやりをもって接するところです。ご両親への思いやりも深いし、私が相談事をしたときにはどんな些細なことであっても親身になって聞き、一生懸命、解決策を見つけようとしてくれたね。○○のおかげでどんなに救われてきたかわかりません。本当にありがとう。

そんな○○だから、絶対幸せな家庭を築けると思っています! ただ、一つだけ心配なのは、優しすぎるから、周りの人を優先して自分のことは後回しにしてしまうこと。辛いことがあっても、弱音を吐くこともなく、限界まで我慢して頑張ってしまうので、心配になることがあります。

これからは●●さんと二人で支え合いながら生きていくのだから、辛い時には一人で背負い込まず、●●さんに甘えるようにしてね。
●●さんにもお願いです。どうか○○のことをずっとそばであたたかく見守り、しっかり支えてあげてください。そして、私の大切な親友を、誰よりも幸せにしてあげてくださいね。
お二人の末永い幸せを心からお祈りしています。本当に結婚おめでとう!


●●(新郎)さん、△△(新婦)さんご結婚おめでとうございます。またご両家の皆様にも心よりお慶び申し上げます。私はただいまご紹介にあずかりました、新婦の高校時代からの友人で■■と申します。本日は精一杯のお祝の気持ちを手紙にたくしてまいりましたので、この場をお借りして読ませていただきたいと思います。なお、手紙の中では新婦のことを普段どおり親しみを込めて「△△」と呼ばせていただくことをお許しください。

△△へ

△△とは高校一年生のときに知り合ったから、もう○年の付き合いになるね。高校の3年間はほとんど毎日一緒に過ごしたね。映画に行ったり、買い物したり、夏にはバスケで汗を流したり・・・。

△△は一見おっとりしているように見えるけど、実は自分の考えをきちんと持ったしっかり者。何でも話せるぶん、けんかもよくしたけど、次の日には2人ともケロッとしていていつの間にか仲直りできたよね。

△△は、私のどんな些細な相談にも真剣に耳を傾けてくれて、一緒に悩んでくれました。いつだったか、学校の帰り道、精神的に参っていた私が突然泣き出してしまったときも△△は何も聞かず、私が落ち着くまでずっとそばにいてくれたよね。

あの時は△△の優しい気持ちが伝わってきて、本当にうれしかったよ。正直言うと、「学校に行きたくない」と思ったこともあったけど、△△がいてくれたから3年間通い続けることができました。

卒業後は違う道に進み、△△は栄養士、私は看護師として忙しい毎日を送っているけれど、たまに会って、お互いの近況報告をし合ったり、悩みごとを相談し合ったりできる時間は私にとって大切なひとときです。

明るくて、前向きな△△と話しをすると「私もがんばろう」という気持ちになり、会うたびに元気をもらっているような気がします。改めて考えてみると私の隣にはいつも△△の優しい笑顔がありました。△△との思い出はたくさんあるけれど、どれも私にとってかけがえのない大切な宝物です。△△、おばあさんになるまでずっと仲良くしていこうね。

可愛くて、優しくてしっかり者の△△のことだから、きっと素敵な奥様になると思います。今まで周りの人をそのたくさんの優しさで幸せにしてきた△△だからこそ、誰よりも幸せになってほしいと心から願っています。

●●さん、どうか彼女のことを世界で一番幸せにしてあげてくださいね。そして、2人で助け合い、力を合わせて、いつまでも笑顔があふれる温かい家庭を築いていってください。ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに!

新婦友人複数人からの手紙挨拶 例文10

○○さん(新郎)、●●さん(新婦)、ご結婚おめでとうございます。ご両家の皆様、心からお祝い申し上げます。
私は●●さんの小学校からの友人で、■■(友人A)と申します。こちらは、同じく小学校からの友人の▲▲(友人B)です。そして、こちらは中学校からの友人の◆◆(友人C)です。
それぞれ●●さんと友達になり、高校3年生のときには全員同じクラスになったことから、今も毎月のように4人で集まっているという関係です。
そこで、今日は私たち3人から●●さんへの感謝と祝福の気持ちを手紙にしてきましたので、読ませていただきたいと思います。

●●へ
今日は本当におめでとう!

(友人C)●●との思い出はたくさんありすぎて、何を話していいのかわからなくなるけれど、高校時代は、みんなで月に一度、「グルメ会」を開いて、美味しそうなお店をチェックしては食べに行っていたね。あの頃からみんなで集まって美味しいものを食べながらおしゃべりするのは、本当に楽しかったです。また、私たちの誰かが悩みごとを相談しても、●●はとても優しくて、人の気持ちを分かち合おうとする性格だから、いつも自分のことのように親身になって聞いてくれたね。それがとても嬉しかったです。ありがとう。

(友人B)高校の文化祭では、焼鳥屋をすることになって、●●の家にみんなで集まったよね。料理が得意な●●がレシピを考えてくれて、日が暮れるまで「つくね」の下準備をしたことを覚えています。あの時、文化祭が見事に成功したのは、準備だけでなく本番も私たちを●●が仕切ってくれたからだと思っています。●●は頼りがいもあるし、どんな時も持ち前のユーモアで場を和ませてくれ、●●自身もよく笑うから、●●と一緒にいるといつもにぎやかで楽しかったです。ありがとう。

(友人A)小学校の頃から、●●とは本当に毎日のように遊んでいたね。学校の休み時間はもちろん、放課後もお家にお邪魔させてもらったり……、いろんな遊びを見つけては一緒に笑って楽しんだことを覚えています。その一つひとつが、こうして大人になった今でも忘れられない最高の思い出です。あの頃は「将来、どんな人と結婚するのかな」と話していたけれど、その日が本当に今日こうして現実にやってきたこと、そして、ずっと変わらず友達でいてくれて、友人代表としてこの場に立てていることを幸せに思っています。ありがとう。

●●は昔からグルメで、お料理やお菓子作りが好きだったから、同じように料理をお仕事にされている○○さんと出会ったことを、本当によかったと思っています。
また、○○さんと出会ってから、●●がいつも幸せそうに○○さんのことを話すので、「●●には○○さんしかいない!」と思っていました。だから、今日のこの幸せな日にお祝いできることを、心から嬉しく思っています。
●●は笑顔が似合う女性です。また、思いやりが深く、優しい、私たち3人の自慢の友人です。○○さん、どうかいつまでも●●が笑顔で過ごせるよう、幸せにしてあげてください。そして、二人で力を合わせ、美味しいものがいっぱい、笑顔がいっぱいの、素敵な家庭を築いてくださいね。

それでは、○○さん、●●、どうぞ末永くお幸せに。
本日は本当におめでとうございます!

新婦の友人代表スピーチ挨拶例文9

○○さん、△△ちゃん、ご結婚おめでとうございます。
また、ご両家の皆様、本日は誠におめでとうございます。
私はただいまご紹介いただきました新婦△△ちゃんの友人の■■と申します。
新婦友人を代表してお祝いの言葉を述べさせていただきたいと思います。

△△ちゃんとは、会社に入社した時の同期で、7年来の友達です。会社帰りにはゴハンを食べに行ったり飲みに行ったり、1年ほど一緒に働いた間に、すごく仲良しになりました。その後、△△ちゃんは現職である看護婦を目指し進学したので職場は別々になりましたが、今でも遊びに行ったり、旅行に出掛けたり、とっても仲良しでとっても大好きな友達です。

△△ちゃんは、誰とでもすぐに仲良くなれる明るさと親しみやすさをもっていて、彼女の明るさで周りのみんなを明るく元気にしてくれます。誰にでも優しくて、面倒見がいいので、△△ちゃんが看護婦になりたい!と進学した時から、看護婦の仕事が絶対彼女の天職だと感じました。勤め先の病院でも患者さん達の人気者なんだろうなぁ~と思います。

そして、△△ちゃんはとっても友達思いで、いつも親身になって相談にのってくれます。私は悩み事があると、いつも彼女に相談をしているのですが、どんな悩みでも真剣に考えてくれて的確なアドバイスをしてくれます。△△ちゃんはとっても聞き上手で、他の人には言えないようなことでも素直に話せるので、彼女の存在や彼女の言葉が何度も何度も私を助けてくれました。△△ちゃん、いつも私の相談にのってくれて、ありがとう。

そんな△△ちゃんが、人生のパートナーに選んだ○○さんも素敵な人に違いありません。
○○さん、△△ちゃんを大切に、絶対に幸せにしてあげてくださいね。
そして、△△ちゃんも、○○さんをしっかりと支え、その明るさでいつも笑顔が耐えない安らぎのある家庭を築いてください。
たまにはケンカをする時もあるとは思いますが、お二人ならお互いの意見を尊重し合える素敵な夫婦になるだろうなぁと思います。

今日のこの幸せそうなお二人の笑顔を見ることができて、私は本当に嬉しいです。
△△ちゃんから結婚の報告を受けた時もすごく嬉しかったけど、今日一緒にお祝いすることができて、友達としてこんなに嬉しいことはありません。
これからは今までのように女同士で旅行に行く機会はなかなか難しいかもしれないけれど、これからもずっと友達!たまには一緒に飲みに行ったりできたらいいなって思っています。
そして、お二人が今日のこの喜びを忘れずに、いつまでも仲良く、温かい家庭を築いてくれることを心から願っています。

それでは、お二人の末永い幸せをお祈りして、お祝いの言葉とさせていただきます。
本日は本当におめでとう!

新婦友人のスピーチ手紙例文8

●●さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。ご両家のみなさまにも心よりお慶び申し上げます。私はただいまご紹介にあずかりました、新婦の友人で■■と申します。本日は、○年前の私の結婚式で、とても素敵なスピーチをしてくれた新婦への感謝と精一杯のお祝いの気持ちを込めて、手紙を書いてまいりました。この場をお借りして読ませていただきたいと思いますが、その手紙の中では、普段通り、新婦のことを△△と呼ばせてください。

△△へ

△△との出会いは幼稚園の時だから、もう○年の付き合いになるね。短大まで、一緒の学校に通った私たちは、就職先も同じ金融関係でした。何事にもまじめに取り組む反面、明るくてユーモアがある△△。高校時代は、隣の市の学校まで毎日一緒に自転車で通いながら、いろんな話をして、たくさん笑い合って、帰りによく買い物にも行きました。その頃は、帰り道で雨が降ると△△のお父さんが迎えにきてくれて、そのまま夕食をご馳走になることもよくあったね。私はいつも、優しいお父さんと料理上手なお母さん、そして頼りになるお姉さんの温かい家族に囲まれて育った△△を「うらやましいなぁ」と思っていました。今でも△△の家に遊びに行くと、必ず「ご飯は?」と聞いてくれる○○家の皆さんは、昔からずっと私にとって理想の家族です。

社会人になるとお互い忙しくなり、会う機会は少なくなったものの、それでもマメな△△はよく連絡をくれましたね。ずぼらな私も返信を忘れることは多かったけど、仕事や恋愛で悩み事があると、真っ先に△△に連絡したものです。そんな時△△は、いつも私の話をじっくりと聞いてくれて、的確なアドバイスをしてくれました。いつだったか、△△が、●●さんとのことで相談があるからといって、夜、車を走らせて、私の家まで来たことを覚えていますか?私はその時△△が言った「私は●●さんと結婚したいの!」という言葉を聞いて、本当に彼のことが好きなんだなと思うと同時に、こんなに△△から想われている●●さんは幸せ者だし、二人がこの先結ばれて、幸せになってほしいと心から思いました。●●さんはとても紳士的、かつユーモアがある方で、私は初めてお会いした時の二人のほのぼのとした雰囲気と幸せそうな笑顔が忘れられません。だから、結婚の報告をもらった時は、本当にうれしい気持ちでいっぱいになりました。

●●さん、どうか、△△の笑顔がずっと続くように、世界一幸せにしてあげてくださいね。そして、△△。大好きな人と結婚できて本当によかったね。これからは、頼りになる●●さんと一緒に、365日毎日が記念日になるような素敵な家庭を築いていってください。 本日は本当におめでとうございます、末永くお幸せに!