上司のスピーチ挨拶例文6

本日は、○○・△△ご両家のおめでたいご披露宴にお招きいただき、厚くお礼申し上げます。ただいま、ご紹介にあずかりました、新婦の上司にあたります★★と申します。はなむけの言葉をいただきたい、ということでございましたので恐縮でございますが、一言、ご祝辞を述べさせていただきます。

△△さんは3年前、◆◆大学を卒業いたしまして、我が■■(会社名)に入社いたしました。人事部に配属されますとその持ち前の明るさと細やかな心づかいを発揮しまして、我がチームの女房役的な存在となっております。

彼女は一言で言うと“配慮の人”という言葉が正しいように思います。彼女は会社では「フォローの△△」と異名を取るほど、人に対しての配慮に優れた人材であります。誰かが仕事でミスがあったときにも、さりげなく助けの手を差し伸べてくれるので、チームを管理する私としましても、彼女は本当に心強い存在であります。また、細やかな心使いだけでもなく笑顔も素敵な△△さんですので、私が若かったら間違いなく惚れているところでしょう。

そんな△△さんが心から愛した男性、○○君をご紹介いただいたときには、本当にお似合いの二人だと思いました。これから新郎の○○君ともども、きっと愛情の行き届いた素晴らしい家庭を営まれることと存じます。

最後に僭越ながら簡単にはなむけの言葉を述べさせていただきたいと思います。作曲家モーツァルトの言葉に「独り者は人生の半分しか生きない」という言葉があります。二人で家庭を築いていくことには深い意味があります。苦しみを分かち半分にし、喜びも分け合い倍になることが、夫婦の醍醐味といえるでしょう。

どうか今後とも、この言葉をいつまでも胸にしまわれて、幾久しくお幸せな家庭を築かれますよう、心からお祈り申し上げて、私のご挨拶とさせていただきます。本日はほんとうにおめでとうございました。

上司のスピーチ挨拶例文5

ただいまご紹介をいただきました○○と申します。ご新郎、ご新婦、ならびにご両家・ご親族の皆様におかれましては、さぞかしお喜びのことと存じます。多くの諸先輩方、ご年長者さまがいらっしゃる中、まことに恐縮ではございますが、一言、お祝いのご挨拶をさせていただきます。

新郎○○君(名)、新婦△△さん(名)、ご結婚誠におめでとうございます。私は、新婦△△さんが勤務しております○○(会社名)◇◇営業所にて、現在、所長を務めさせていただいております。△△さんが、弊社に入社されて約1年になりますが、私が、こちらへ転勤して参りましたのも、ほぼ同時期になります。

職場での△△さんは、大変真面目で大人しく、黙々と仕事をこなしていただいております。本日の綺麗なお姿からは、皆様、想像できないかも知れません。とても幸せそうで、これからその雰囲気を、ぜひ仕事場へ持ち込み、皆に元気を与えていただければと思っております。

弊社は、食品を扱う会社ではございますが、昨今、何かとその業種での不祥事が話題となっております。皆様すでにご存知かと思いますので、多くは申し上げませんが、食の安心が脅かされている事実がございます。日々現場で働いている人間としては、その様なことなど無いと思っておりますが、いつ何時、問題が起こるかは分かりません。まさに、日々の業務を法令順守で行うことでしか、それを予防する手段は無いと痛感しております。

結婚に関しても、お互いの信頼を裏切るようなことがあれば、いつその問題が発覚するかは分かりません。決して、相手の信頼を裏切らないよう、問題が起きたときは素直に告白し、お二人で解決の道を探していただければと思っております。

○○さんには、本日初めてお会いしましたが、大変、(穏やかで真面目そうな)雰囲気を持った方であるとお見受けいたしました。○○さんならば、大丈夫かと思いますが、いつ何時、降りかからないとも限りません。そんなときは、ぜひ、△△さんと協力し合いながら、家庭の安全・安心を守っていただければと思います。

手前味噌の話になってしまいましたが、お二人の前途に明るい未来と末永い幸せをお祈りして、私からのご挨拶とさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。

上司のスピーチ挨拶例文4

只今ご紹介に預かりました、※※(会社名)にて※※(役職名)を務めております、〇〇と申します。●●君、△△さん、ご結婚まことにおめでとうございます。ご両家の方々へも、心よりお慶びを申し上げます。●●君とはお互い柔道に覚えのある者として、職場を超えた親しい付き合いを続けて参りました。そんな彼の新たなスタートを皆様とともに見守ることができ、感無量の思いです。まことに恐縮ではございますが、手元の原稿に目を通しつつ、ひと言お祝いの言葉を述べさせていただきたいと思います。

新郎の●●君は2007年5月、当社へ入社されました。そして現在は、印刷機械のオペレーターとして丸6年のキャリアを持つ、前途有望なスタッフへと成長しておられます。普段は●●君ならではのひょうきんさで明るく振る舞っていますが、いざ仕事となればいつもとはうって変わり、黙々と仕事に取り組んでくれます。見事な豹変ぶりもそうですが、いつでも着実に仕事をこなしていく君の姿勢は、上司の私もうならせるほどです。また、先輩スタッフから多少無理なことを言われても、嫌な顔一つせずやってのけてしまう根性は、さすが●●君だなと思っています。昨年には持ち前の頑張りで「印刷技能士」の資格も取得されていますので、ぜひこれからも職場一番の若手として、向上心を忘れず、さらなる成長を目指していって下さいね。大いに期待しています!

●●君に初めて会ったとき感じた親近感は、やはり共通する柔道から来るものだったのかもしれません。あの日から兄同様に慕ってくれた君に、私も本当の弟のように接してきたつもりです。大阪で転勤生活を送っていた4年の間、●●君が私の作業着やルーペを使っていたと聞いた時には、まるで兄の留守を弟が守っていてくれたような気がして、とても感動しました。ご結婚後も奥様のお許しがいただける範囲で、飲みに行ったり○○に出掛けたり、これまでと変わらない付き合いができれば嬉しく思います。

ここでこれからの●●君を応援するべく、私なりの一言を贈ります。「精力善用・自他共栄」───これらの言葉は、講道館の創始者である嘉納治五郎氏が、柔道の理念として説いたものです。精力善用とは「社会のために持てる力を最大限に生かす」という意味であり、また自他共栄とは、「相手とより良い関係を維持することで、共に栄えていこう という考え方です。嘉納師範が言われたように、常に全身全霊で仕事に向き合い、今後も当社の事業に大きく貢献していって下さい。そしてまた、掛け替えのない人生のパートナーとなられた△△さんを信頼し、お互いに助け合うことによって、おふたりがより温かく堅実なご家庭を築いていかれることを心から願っています。“柔道の精神”を心の糧に日々を過ごすことが、希望にあふれたご夫婦の未来へ繋がっていくものと、私は信じて止みません。●●君、△△さん、どうぞ末長くお幸せに…本日は本当におめでとう!

上司のスピーチ挨拶例文3

只今ご紹介に預かりました、※※会社(会社名)にて※※(役職名)を務めております、■■と申します。ご起立の皆様、どうぞご着席下さい。●●君、△△さん、本日はご結婚まことにおめでとうございます。ご両家の方々も大変お慶びのことと、心よりお祝いを申し上げます。また、おふたりの晴れやかなお席に招かれ、職場を代表してこの場に立たせていただけますことをとても嬉しく思っております。諸先輩方を差し置き、まことに僭越ではございますが、わたくしよりひと言お祝いの言葉を述べさせていただきます。

●●君と私が一緒に仕事をするようになってから、今年で〇年目を迎えます。彼は以前の職場である「〇〇株式会社」の〇〇工場で、電気技術者として、〇〇製造設備のエンジニアリング業務に携わっておられました。また、在職中の2011年5月には、東日本大震災で被災した仙台工場の復旧を命ぜられ、現地へ派遣されたエリート技師の一人でもございます。そして、復旧工事が完了した2012年12月、本社である当社へ異動となった次第です。以来●●君には、「滋賀工場」、「御殿場工場」、「湘南工場」と、主要各所の飲料生産設備の工事に奔走していただいております。そのお仕事ぶりは非常に真面目で、責任感の強さが際立っていると言えます。どんなに忙しくても決して手抜きをせず、グチをこぼさない姿勢。また、人を選ぶことなく真摯に対応できるのも、彼の素晴らしさです。一方、●●君のお人柄について申し上げれば、口数が少なく寡黙、ややおっとりしたタイプといったところでしょうか。そして、高身長の●●君は※※時代に、サッカー部(クラブ)のゴールキーパーを務めていたそうです。常に人より一段高い目線で物を見ているにもかかわらず、彼が高所恐怖症であるという意外な一面が分かった時は、社内の皆が顔を見合わせ、思わずにやりとしてしまったものです。

そんな●●君と〇〇さんにとって運命的な出会いのきっかけとなったのが、先ほどお話しした彼の仙台への赴任でした。当時〇〇さんは仙台工場に勤務されており、以降●●君は遠距離をものともせず、お互いへの愛情を大切に育んでこられました。上司として●●君の日々の忙しさは、十分に承知しているつもりです。そんな中で、滞りなく結婚式の準備を進めてこられたおふたりには、頭が下がる思いがしております。彼にはゆっくりとした休みも取らせてあげられず申し訳ない気持ちでいっぱいですが、それだけに今日は私自身にとっても、何より喜ばしい日となりました。率直なところを申し上げれば、これからも忙しく現場を飛び回ってもらったり、出張をお願いしたりと、●●君にはまた慌ただしい毎日を送っていただくことになってしまうかもしれません。〇〇さん、どうかそんな彼のことを愛情たっぷりの手料理でもてなすと同時に、ぜひともたくさんの言葉や仕草を通して、彼への思いやりを直接伝えていって下さいね。おふたりがいつまでも気持ちの通い合ったご夫婦として、温かな時間を過ごされることを願っています。最後に新郎新婦の末長いお幸せと、ご列席の皆様のご多幸・ご発展をお祈りし、わたくしのご挨拶とさせていただきます。●●君、〇〇さん、本日は本当におめでとう!

上司のスピーチ挨拶例文2

本日は○○・△△ご両家のおめでたい席にお招きいただき、ありがたくお礼を申し上げます。新郎及びに新婦のご両人様に、心からのおめでとうの言葉を申し上げます。 ただ今ご丁寧にご紹介を預かりました新郎の上司にあたります☆☆と申します。新郎の勤めております■■(会社名)の営業一課の課長をしております。

新郎が△△大学を卒業して、我が■■に入社して早5年となります。日ごろから、彼のバイタリティー溢れる仕事ぶりには、私も感心しておりますが、この半年の仕事振りには目を見張るものがありました。

実際、彼は本当に優秀な営業マンでありまして、全国に飛び回り、またその各地で多大な業績を会社に与えてくれております。そんな彼は最近、日本だけに留まらず世界に向けても仕事の幅を広げていくように努力していると聞き、私は改めて彼の営業マンとしての能力に感服しました。

社内で行われている英語の研修にも積極的に参加し、来期からは短期ですがニューヨーク研修の話もきております。そんな仕事に対してひたむきな情熱を傾ける彼ですが、今思えば、結婚を承諾してくれた愛する△△さんのために頑張ろう、とする、○○君のけなげさの表れだったのかもしれません。もちろん、△△さんの手助けなしでは、そこまでの実績を上げることはできなかったでしょう。そういった意味でもお二人はお互いを高めあう、本当のベストカップルではないかと思いました。

最後に僭越ながら私の好きな作家、ヘルマン・ヘッセの言葉を一つご紹介させていただければと思います。「愛されることが幸福ではない、愛することこそ幸福だ」という言葉です。愛し続けることは容易なことではありません。時には自分の心にも相手の心にも問いかけが必要なことがございます。それでも人を愛すること以上に素晴らしいことはありません。お互いを愛し合い、支えあい、思いやる、その心こそが、末永く温かい家庭を作っていくコツではないかと存じております。

誠に簡単でございますが、新郎・新婦の末永いご幸福と、○○・△△ご両家のご繁栄を申し上げて、私の祝辞とさせていただきます。本日は本当におめでとうございました。