叔父の親族代表謝辞スピーチ挨拶例文5

ただいまご紹介いただきました新婦○○の叔父にあたります■■と申します。○○家の親族を代表いたしまして、一言ご挨拶を申し上げます。

本日は、2人のため、ご多忙の中、多数ご出席を賜りましてありがとうございます。皆様のお力添えをいただき、このような宴をもてましたことを心からお礼申し上げます。また、お心のこもったたくさんのお祝いのお言葉に感謝いたしております。

これから、2人は、新しい人生を歩み始めます。なにぶん、若い未熟な2人ですので、至らないところも多々あることと存じますが、どうか今後とも皆様方の温かいご指導、ご鞭撻を承れますように、この場をおかりして、一重にお願い申し上げます。

また、新婦○○は、今後は、新郎△△くんの理髪店を手伝うことになりますが、「親しき仲にも礼儀あり」の精神を忘れずに、「ありがとう」「ごめんなさい」「お疲れ様」など、相手を思いやる気持ちをもって、謙虚な態度で、△△くんを末永く支えていってほしいと思います。

本日ご出席賜りました皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたしまして、簡単ではございますが、私の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。