新郎友人のスピーチ挨拶例文2

○○君、△△さん、本日はご結婚本当におめでとうございます。私は○○君の幼馴染で親友でもある、☆☆と申します。友人を代表して、お祝いの言葉を述べさせていただきたいと思います。

○○君と僕との付き合いは小学校3年生のときにまでさかのぼります。当時、同時期に同じ小学校に転校してまいりました。家が近いということもあり、当時から一緒にサッカーをするなど、大親友となりました。

昔から彼は本当に努力家で、サッカーを一緒に始めたときにもルールやスタイルをとことん追求して、人一倍努力をし、すぐに地元の少年チームのレギュラーになったほどでした。そのバイタリティーは留まることなく、サッカー以外にも中学・高校時代には生徒会にも立候補して、副会長としていつも皆の頼りにされておりました。

社会人になり、営業の仕事を始めたと聞いた時にも、彼には本当にぴったりな職場ではないかと思いました。彼のバイタリティーと努力は並々ならぬものがあります。きっと誰よりも優秀な営業マンになっていくことと確信しました。

そんな何でもできてしまうような○○君にも弱点があります。それは新婦・△△さんです。あんなにガンガン前に進む○○君が、△△さんのことになると、途端に躊躇してしまうのです。彼女をデートに誘うときにも、色々と彼女を喜ばすために、いつも悩んでおりました。しかし、逆にそんなところが△△さんにも可愛く思えたのかもしれません。

また、彼は本当にいい奴です。自分のことだけではなく、友人のこともいつも忘れずに気を使ってくれる男気のある人間です。△△さん、そんな彼をどうか末永く支えてやってください。かくいう私はまだ独身でありますが、これからは「結婚」の素晴らしさを彼から学ぶつもりです○○君、それを覚悟して、素晴らしい結婚生活を営んでいってください。

最後に一言。大好きな△△さんの顔ばかり見すぎて、会社に遅刻しないようにしてくださいよ。奥さんが美人で、会社に行きたくなってしまうと、困りものですからね。結婚を機に、その生活はますます豊かで充実することと思うと、親友として喜びがたえません。これからもお二人の末永い幸福を心からお祈りをいたしております。

○○君、△△さん、本当に本日はおめでとうございました。

新郎友人のスピーチ挨拶例文1

○○くん、◇◇さん、ご両家ならびにご親族のみなさま、本日は誠におめでとうございます。私は、○○くんの高校時代からの友人である◇◇と申します。大変、恐縮ですが、友人を代表してお祝いの言葉を述べさせていただきます。

私と○○くんのお付き合いは、高校、大学、社会人と、学生時代のバイトから住んでいたマンションまで同じという、なんだかんだの腐れ縁で12年になろうかと思います。それはもう、良い所悪い所含め、沢山知っておりますが、本日は、おめでたい席ということもあり、お話できる範囲にとどめておきたいと思っています。

まず、彼は、ご覧のとおり長身でかっこよく、おしゃれな人間です。また、友人も多く、頭もいいし、みんなを引っ張っていくカリスマ性も持っております。さらには、スポーツも得意で、高校の時には国体の選手に選ばれたりもしております。現在では、同じ会社に勤務しておりますが、テキパキと仕事をこなして、会社の中枢である本店で活躍しております。こちらも、私が評するのは変な話ですが、将来有望ではないかと思っております。

と、ここまでは、完璧に思える彼ですが、実は、本日隣に座っております新婦△△さんとの出会いの場面では、とんでもないことをしでかしております。

新郎と新婦が最初に出会ったのは、確か大学3回生の時だったかと思います。そのとき、新郎と私は大学の食堂で食事をしていたのですが、次の瞬間、○○君は、いきなり立ち上がったかと思うと「ちょっと行ってくるから」と言うなり、私1人をおいて彼女のところに走って行ってしまったのです。そして、その場で食事に誘い、携帯のアドレスを教えてもらい、その後、お付き合いが始まりました。

一見、素晴らしい出会いのエピソードに思えますが、彼は腐れ縁の親友である、僕を置いてけぼりにして、こんな綺麗な女性をナンパしに行っていたのです。なぜ、あの時一緒に連れて行ってくれなかったのかと、今でも思い出すたびに涙が出ることもあります。本当にひどい話です。

でも、この話にも続きがありまして、あとで聞いたことなのですが、そのとき彼女になにかを感じ、行動せずにはいられなかった、ということでした。その後のお付き合いを経て、本日ご結婚することとなり、やはりお二人は、腐れ縁の僕よりも、強い絆で結ばれ出会う運命だったのだと思います。

いずれにしましても、ご両人をよく知っておりますので、すごくお似合いだと思います。いつまでも仲のいい夫婦で、幸せな家庭を築いていってください最後に、お二人の前途に明るい未来が訪れる事をお祈りして、僕からのお祝いの言葉とさせていただきます。本日は、おめでとうございます。