上司・主賓祝辞スピーチ例文10

○○さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。ご両家の皆さまのご良縁を祝い、心からお慶び申し上げます。ご指名により、僭越ではございますが、一言ご挨拶を述べさせていただきます。皆さま、どうぞご着席ください。

ご紹介いただきました、新婦△△さんが勤める株式会社××の■■と申します。当社は貨物の国際輸送に関わるサービス業を行っております。
△△さんは2007年4月に、情報システム部のウェブソリューション課に配属となり、ウェブ系のシステムを担当されております。当時、私は情報システム部内の他の課に所属しておりましたが、昨年4月より課長として異動になり、現在△△さんとは同じ課の上司部下という関係です。

さて、私の△△さんの第一印象は「できる人」です。それも、今の課に配属される前から彼女の仕事ぶりには注目しておりました。社内のシステムではありますが、比較的大きな開発を任され、システムの設計からプログラミング、そして全国の営業店への導入の説明会まで行っているのを見て、「入社2年目でこんなにできる人なんだ!」と驚き、感心したことを覚えております。

実際、同じ課になってみましても、その印象は変わりませんでした。難しい仕事をお願いしても、にっこり笑って「やってみます」と言ってしっかり仕上げてしまうという、有言実行的なタイプです。責任感が強く、最終電車まで残っていることもしばしばあるような頑張り屋です。また、課内ではみんなから「△△ちゃん」と呼ばれ、後輩からも慕われている存在です。

昨年5月には当社のホームページをリニューアルするというプロジェクトに、システム側の担当者として参画し、ホームページの動く環境の整備や、一部社内で作成したコンテンツの切り替え等を担当していました。リニューアルした後も保守という形で関わっています。皆さまも、そのことを意識なさって、ぜひ一度当社のホームページをご覧になってみてください。

さらに最近では、お客様とのシステムの打ち合わせや、プレゼンテーションで営業に同行することが多くなってきています。言われたものを作るという役割から、お客様に提案する役割に変わりつつあり、今後の活躍にも大いに期待しているところです。

このように有言実行で仕事をしっかりとこなす△△さんですから、ご結婚後も仕事と家事を両立し、お二人仲良く家庭を築いていかれることと思います。
そういえば、こちらのホテルからは山下公園に係留している氷川丸を眺めることができます。これからはお二人で1つの船に乗り、苦しい時には支えあいながら、人生という大海原を渡って行ってください。

お二人の前途が素晴らしいものでありますように、また、お二人の末永いお幸せとご両家の繁栄をお祈り申し上げまして、お祝いのご挨拶に代えさせていただきます。本日はまことにおめでとうございました。


●●(新郎)さん、△△(新婦)さんご結婚おめでとうございます。またご両家の皆様にも心よりお慶び申し上げます。ご起立の皆様、どうぞご着席ください。私はただいまご紹介にあずかりました、□□(会社名)の社長、〇〇と申します。本日はお二人の輝かしい門出を祝福し、誠に僭越ではございますが、ひとことごあいさつをさせていただきたいと思います。

新郎の●●さんとは、今から3年ほど前に取引先の営業マンの一人として知り合いました。当時の●●さんは、社外の人間である私の目から見ても明らかに営業能力が優れているのがよくわかるほど素晴らしく、思い切って1年半前に「当社に来てくれないか」と声を掛けさせていただきました。その結果、●●さんは当社に入社され、現在ではその実力を如何なく発揮されています。

●さんの仕事に対する情熱や真摯に取り組む姿勢、一秒たりとも時間を無駄にしない営業は、私をはじめ、従業員一同のお手本として見習うべき点が多く、●●さんを見るたびに気持ちを引き締めております。どんな仕事にもマイペース、いつも冷静で的確な判断を瞬時にできるところには感心させられます。

そして、責任感が人一倍強く、与えられた仕事はきちんと最後までやり遂げてくれるので「●●さんに任せておけば大丈夫」という安心感があります。特に営業能力は私が見込んだとおり、非常に長けているので、新規のお客様を開拓することに関しては、彼の右に出る者はいないと思っております。それは、彼がいつも新聞には隅々までしっかり目を通し、情報収集を心がける努力の賜物だと思っております。私が期待した以上の働きぶりには、厚い信頼を寄せるとともに、今後のさらなるご活躍にも大いに期待を寄せております。

また、●●さんとは、プライベートでも時々飲みに行ったりしましたが、そんなときでも、彼には無駄な時間が一切ないことには驚きました。計画的に物事を進めるお仕事ぶり同様、遊ぶときもきちんとしているなと、改めて彼の几帳面でまじめな一面を垣間見ました。そんな●●さんですから、新婦の△△さんにプロポーズするときもきっと綿密な計画をたてて、万全の体制で臨んだのではないかと勝手に想像しておりますが、いかがでしょうか(笑)。

△△さんには本日初めてお目にかかりましたが、先ほどから●●さんを見つめる温かい眼差しに聡明さと優しさが感じられ、「この人なら間違いない」と確信しております。どうか、いつまでも●●さんを信じ、支えてあげてください。

ここでこれから長い人生を共に歩んでいかれるお2人にお願いがございます。それは、いつもどんな時も感謝の気持ちを忘れないということです。長い間一緒にいると感謝すべきことは増えていくはずなのに、どうしても「ありがとう」の言葉を声に出して伝えることが少なくなってしまいます。いくら感謝の気持ちがあっても、それをきちんと言葉にしなければ、相手には伝わりません。これは夫婦に限ったことではなく、自分たちを支えてくれているご両親や周りのすべての人たちにも常に感謝の気持ちを持ってほしいと思います。心からの「ありがとう」は言うほうも言われたほうも本当に気持ちのよいものです。どうか、いつまでもお互いを思いやり、おじいさん、おばあさんになっても心のこもった「ありがとう」が言い合える、温かい家庭を築いていってほしいと思います。

簡単ではございますが、お二人の末永いご多幸とご両家のさらなるご発展をお祈りいたしまして、私のお祝いのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

新郎本人の挨拶謝辞 例文6

皆様、本日は私達の結婚披露宴にお集まりいただき、誠にありがとうございました。
最後に私からお礼の言葉を述べさせていただきたいと思います。

私と妻○○とは、保育園、小学校、中学校と幼なじみで、△△歳の頃に付き合うようになり、6年前23歳の時に長女□□を授かったことをきっかけに、いわゆる「できちゃった結婚」をしました。
先に籍を入れて、子供にパパとママの結婚式を見せようと思っていたのですが、次に長男◎◎の誕生、続いて次女☆☆の誕生と次々と子宝に恵まれ、結婚6年目にしてやっとこのような機会をつくることができました。

今月の24日に妻が30回目の誕生日を迎えるのですが、30歳までには絶対にウェディングドレスを着せてあげたいとずっと心に思っていたので、ようやくその夢が実現できたことがすごく嬉しいです。
また、○○のご両親にも、○○のウェディングドレス姿を今日までお見せすることができず、長い間お待たせしてしまったことをお許しいただければと思います。

しかし、6年の月日が経ち、こうして3人の子供達の前で、また日ごろよりお世話になっております皆様の前で、今日の日を迎えられたことを本当に幸せに思います。
そして、いつも私を支え、家事や幼稚園の送り迎えなど毎日サボることなく頑張ってくれている○○に心から感謝しています。

私の人生の多くに○○が共にいてくれて、これから先も共に歩んでいくことのできる喜びを今改めて感じています。付き合いだした頃よりも、結婚したあの頃よりも、今はずっとずっと大切な存在です。

○○と結婚して、本当によかったと思っています。
○○、いつもありがとう。

私も○○にとって頼りになる良き夫であり、3人の子供達にとって頼もしい良きパパでいられるように、一家の大黒柱としてしっかりと堅実に精進していきたいと思います。
これからも家族5人が皆健康で、日々笑いが絶えない今のままのこの家族でいつづけられることだけが、私の願いです。

今日ここにお集まりいただきました皆様の前で、これからも○○を幸せにすることを今一度お誓いし、新郎謝辞とさせていただきます。
本日は本当にありがとうございました。

新婦友人複数人からの手紙挨拶 例文10

○○さん(新郎)、●●さん(新婦)、ご結婚おめでとうございます。ご両家の皆様、心からお祝い申し上げます。
私は●●さんの小学校からの友人で、■■(友人A)と申します。こちらは、同じく小学校からの友人の▲▲(友人B)です。そして、こちらは中学校からの友人の◆◆(友人C)です。
それぞれ●●さんと友達になり、高校3年生のときには全員同じクラスになったことから、今も毎月のように4人で集まっているという関係です。
そこで、今日は私たち3人から●●さんへの感謝と祝福の気持ちを手紙にしてきましたので、読ませていただきたいと思います。

●●へ
今日は本当におめでとう!

(友人C)●●との思い出はたくさんありすぎて、何を話していいのかわからなくなるけれど、高校時代は、みんなで月に一度、「グルメ会」を開いて、美味しそうなお店をチェックしては食べに行っていたね。あの頃からみんなで集まって美味しいものを食べながらおしゃべりするのは、本当に楽しかったです。また、私たちの誰かが悩みごとを相談しても、●●はとても優しくて、人の気持ちを分かち合おうとする性格だから、いつも自分のことのように親身になって聞いてくれたね。それがとても嬉しかったです。ありがとう。

(友人B)高校の文化祭では、焼鳥屋をすることになって、●●の家にみんなで集まったよね。料理が得意な●●がレシピを考えてくれて、日が暮れるまで「つくね」の下準備をしたことを覚えています。あの時、文化祭が見事に成功したのは、準備だけでなく本番も私たちを●●が仕切ってくれたからだと思っています。●●は頼りがいもあるし、どんな時も持ち前のユーモアで場を和ませてくれ、●●自身もよく笑うから、●●と一緒にいるといつもにぎやかで楽しかったです。ありがとう。

(友人A)小学校の頃から、●●とは本当に毎日のように遊んでいたね。学校の休み時間はもちろん、放課後もお家にお邪魔させてもらったり……、いろんな遊びを見つけては一緒に笑って楽しんだことを覚えています。その一つひとつが、こうして大人になった今でも忘れられない最高の思い出です。あの頃は「将来、どんな人と結婚するのかな」と話していたけれど、その日が本当に今日こうして現実にやってきたこと、そして、ずっと変わらず友達でいてくれて、友人代表としてこの場に立てていることを幸せに思っています。ありがとう。

●●は昔からグルメで、お料理やお菓子作りが好きだったから、同じように料理をお仕事にされている○○さんと出会ったことを、本当によかったと思っています。
また、○○さんと出会ってから、●●がいつも幸せそうに○○さんのことを話すので、「●●には○○さんしかいない!」と思っていました。だから、今日のこの幸せな日にお祝いできることを、心から嬉しく思っています。
●●は笑顔が似合う女性です。また、思いやりが深く、優しい、私たち3人の自慢の友人です。○○さん、どうかいつまでも●●が笑顔で過ごせるよう、幸せにしてあげてください。そして、二人で力を合わせ、美味しいものがいっぱい、笑顔がいっぱいの、素敵な家庭を築いてくださいね。

それでは、○○さん、●●、どうぞ末永くお幸せに。
本日は本当におめでとうございます!

新郎友人の乾杯の挨拶 例文3

友人代表 万歳三唱 ●●様

新郎、新婦、ご両家、ご親族の皆様、本日は誠におめでとうございました。きょうの良き日に、盛大な披露宴を、無事挙げられました事を心からお祝い申し上げます。

私は、新郎と小一からの幼馴染であります●●と申します。本日はお招きいただきありがとうございました。新郎とは、知り合ってからの数十年間、殴りあいの喧嘩もしましたし、悪いことや家出までしたこともございます。途中、ちょっとしたすれ違いなどありましたが30歳になった今でもいい関係を続けさせてもらっています。

新郎は一言で言えば、新しいもの好きのいたずら坊主でございます。その新しいもの好きの○○が、本日より新たな門出に立とうとしております。いろいろと悪さをしていた昔話も知っておりますが、今ではお坊さんとなり、本人的にも、あの頃の事は反省しているのではないかと思う次第でございます。

そんな○○の、本日の晴れの日を友人としておめでとうの気持ちいっぱいで見守っておりました。これから、いろいろと大変なこともあるかもしれませんが、△△さんを大切に思いやり、守ってあげて欲しいと思っております。また、○○ならばそれが出来ると確信しております。ぜひ、お互いを思いやる気持ちをいつまでも忘れず、明るい家庭を築いていってください。

 それでは、ご指名により万歳三唱の音頭をとらせて頂きます。お二人の末永い幸せとご両家の繁栄、そして本日、ご列席の皆様方のご健闘をお祈りし、万歳三唱をさせていただきます。
 
 どうぞ、皆様方、ご一緒にご唱和ください。

それでは、(万歳)×3 「拍手」 

本日は、おめでとうございました。

従兄弟おじの親族代表謝辞例文6

皆様、本日は新郎新婦のためにお集まりいただき、まことにありがとうございます。
私は、新郎○○の従兄弟おじにあたる、■■と申します。大変僭越ですが、親族を代表いたしまして、一言、ご挨拶を申し上げたいと存じます。

○○君は私の従兄弟の息子にあたりますが、これまではなかなか会う機会もなくここまで来てしまいました。ですが、本日のおめでたい席を機に、○○家(新郎)同士、並びに△△家(新婦)、ここにいらっしゃる全ての皆様にとって、新しい繁栄となるような、お付き合いが出来ればと思っております。

私が○○と初めて会いましたのは、彼が中学生くらいの頃で、その時は真面目で大人しい男の子だなという印象を受けました。そして、先日、結婚するということで久しぶりに会ったのですが、しばらく会わないうちにすっかり大人になり、非常に頼もしく感じました。

その際、△△さんにも初めてお会いし、食事を共にしたのですが、二人が並んでいる姿を見ておりますと、明るく爽やかでお似合いのカップルで、微笑ましく感じました。

音楽にたとえれば、これまではそれぞれが「ソロ」で音を奏でてきました。ですが、これからは二人で美しい「シンフォニー」を奏でていただきたいと思っております。「シンフォニー」とは、ギリシャ語の「シン(共に)」「フォニー(響き)」という言葉から由来しているといいます。ぜひ明るく楽しい音を、いつまでも共に響かせてほしいと思います。

また、この先、すべてが順風満帆にいくとは限りません。どこかで、必ず試練が訪れます。けれども、そんな時には、本日、ご列席の皆様からいただいた温かいお言葉を思い出し、今日の幸せな初心を思い出してほしいと思っています。

ご列席の皆様には、今後とも、よりいっそうの変わらぬご指導とご鞭撻を二人にいただけますよう、親族を代表いたしましてお願い申し上げます。

それでは、両家並びに、ご列席の皆様の、益々の繁栄をお祈りいたしまして、私からのお祝いのご挨拶とさせていただきます。
本日は、お忙しい中、ありがとうございました。
お二人も末永くお幸せに。