乾杯の挨拶 スピーチ例文1


新郎新婦、ならびにご両家の皆様、本日はまことにおめでとうございます。ただいまご紹介にあずかりました●●でございます。
私は、新婦の勤務先である■■病院・リハビリテーション科の代表で、理学療法士をしております。 緒先輩方を差し置きまして、はなはだ僭越ではございますが、ご指名を頂戴いたしましたので、乾杯の音頭をとらせていただきます。

○○さん(新郎)、△△さん(新婦)、ご結婚おめでとうございます。お二人は元々同じ病院にお勤めで、○○さんは薬剤師、△△さんは作業療法士としてご活躍です。職場で出会い、お付き合いを始められたとのことです。新婦は結婚後もお仕事を続けられるということですので、家庭との両立が難しいと感じられることがあるかもしれません。けれども、お二人は同じ職場で働いていた経験からお互いの仕事に理解があると思いますので、なんでも話し合い、力を合わせて乗り越えていかれるに違いないと信じております。

また、お二人で生活し、刺激し合うことで、今まで以上に人としても成長し、それによって仕事の幅も広がっていくことでしょう。どうぞいつまでも仲良く、穏やかで幸せな家庭を築いてください。

それでは、新郎新婦の末永いお幸せと、ご両家、ならびにご臨席の皆様のご多幸とご繁栄をお祈りいたしまして、乾杯をしたいと存じます。みなさま、グラスはお持ちでしょうか?どうそ声高らかにご唱和をお願い致します。

乾杯!ご唱和どうもありがとうございました。