披露宴でのテーブルマナー


 

食事テーブルマナー最近では、和洋折衷レストランウェディングなども盛んに行われています。普段、ナイフやフォークを使い慣れない方にとっては、マナーが気になるところです。

まず披露宴会場の席につき、ポーチやバックがある場合、背もたれ・膝の上におきます。ナプキンは掛けずにそのままにしておき、食事の合図となる「乾杯の挨拶」などが終わり、食事が運ばれ始めたら膝の上に掛けます。

ナイフとフォークがいくつも並んでいる場合は、ナイフとフォークそれぞれをセットで「外側」から使い、皿を下げてもらうときに同時に持っていってもらいます。

そのとき、食事が終わっている合図として「二の字」に並べておくのがマナーです。まだ食事が途中の場合は「ハの字」にナイフとフォークを置いておきます。

その他、細かなテーブルマナーは存在しますが、あまり気にしすぎると食事がおいしくありませんので、まずは、出していただいた食事と会話を楽しむように心がけましょう。