ご祝儀の相場


shugiご祝儀にはいくら包めばよいのか悩む方もいらっしゃるかと思います。

最近の相場としては、友人関係で3万円、親族ならば5万円程度というのが基準となっているようです。ただ、社会人になりたての方と年配の上司では、当然金額は変わってきます。

3万円を基準に、新郎新婦との関係やご自身の身の丈を考え、相当と思われる金額が良いでしょう。

あくまで、金額よりも二人を祝福する気持ちを持つことが重要です。ただし、4、6、9という数字は縁起が悪いとされていますので、この金額以外にしましょう。

ご祝儀袋に関しては、プリントされているものよりも水引が掛かっているものを選びましょう。中に入れる金額に応じて、袋も変えるのがベストですが100円~500円のもので十分です。

ご祝儀を渡すタイミングとしては、当日に受付で渡すのが確実です。受付にて「本日はおめでとうございます。」と挨拶し名前を記入したら、「気持ちばかりですが、お祝いでございます」と渡すのがマナーです。

この時、バックから直接取り出しても問題はないのですが、なるべくならば袱紗(ふくさ)に包んで行くのが良いでしょう。

袱紗が無い場合はそのままでも構いませんが、ズボンのポケットからグチャグチャになったものを取り出したり、直に持ち歩いたりするのはマナーが良くありませんので、胸ポケットや小物用のバックなど見えないところ折れ曲がらないところに保管しましょう。

また、ポケットなどが無い場合、ご祝儀袋を隠す役割の布をお使いになるのも良いでしょう。