新郎父親謝辞スピーチ例文2

新郎・●●の父、○○でございます。本日はお忙しい中、ご列席いただきまして誠にありがとうございます。誠に僭越ではございますが、私から■■家、□□家を代表いたしまして、ひとことご挨拶をさせていただきます。

本日、新郎●●と新婦△△が新しい門出を迎えることができましたのも、ひとえに皆さま方のお陰と深く感謝しております。また、先ほどからご列席の皆様よりたくさんのご祝辞や励ましのお言葉を頂戴し、2人はもとより、親族一同、心よりお礼申し上げます。

●●は、3人兄弟の二男として生まれ、7人家族の中で育ちました。優しい祖父母にかわいがられ、甘やかされて育ったと思っておりましたが、毎年、祖父母にお年玉をあげたり、豪華な食事に招待している姿を見て、真っ直ぐで優しい子に成長してくれたことを大変うれしく感じております。

私はどちらかといえばアウトドア派で、子育てやしつけは妻や両親にまかせっきりで、ほとんど父親らしいことはしてきませんでした。それが子供たちにとってはよい反面教師になったようで、●●はもちろん、兄弟3人とも、とても素直で思いやりのある子に育ってくれました。

一方、新婦の△△さんは、数年前に●●から真剣にお付き合いしている女性だと紹介されました。その時から感じのよいお嬢様だと思っておりましたが、今年の6月に東京観光の案内をしていただいた際には本当に感動いたしました。しっかり者で細かいところまで気配りが行き届いており、短い時間ではございましたが、楽しい時間を過ごすことができました。たくさんの愛情を注がれ、時には厳しくしつけられたご両親の素晴らしい子育てを垣間見ることができ、この良縁に心より感謝しております。

そして、こんなに素敵な女性を射止めた息子を褒めてやりたい気持ちでいっぱいです。どうか、これからは、どんなときも2人で力を合わせ、助け合いながら温かい家庭を築き、いつか振り返ったとき、「この人を選んでよかった」と心から思えるような夫婦になってほしいと願っております。

とはいえ、まだまだ人生経験の少ない未熟な2人でございます。2人がつまずいたり迷ったりしたときには、どうか、皆様の温かいご指導、ご鞭撻で足元を照らしてやっていただきますよう、心よりお願い申し上げます。 最後にご列席いただきました皆様のご健康とご繁栄をお祈りいたしまして、私からのお礼の言葉とさせていただきます。本日はまことにありがとうございました。