乾杯の挨拶スピーチ例文5

ただいまご紹介にあずかりました、■■と申します。●●くん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。ならびにご両家のみなさまにも心よりお祝いを申し上げます。誠に僭越ではございますが、ご指名を頂戴いたしましたので乾杯の音頭をとらせていただきます。

新郎の●●くんとは、彼の兄である○○くんと私が同級生だったことから、顔見知りになりました。皆様もご承知の通り、○○くんは今から16年前に事故で他界してしまいましたが、弟の●●くんとは、その後も交流を続けています。彼はなんといっても明るく、思いやりがあり、だれとでもすぐに仲良くなれる社交的な性格です。

車の技術職をしている彼は、真面目で手先が器用な職人気質ではありますが、人懐っこいため、みんなから好かれており、私にとっては小さいころからかわいい弟のような存在でした。

私が建築関係の仕事をしているので、ご実家のリフォームや彼の新居の外溝工事を請け負ったり、反対に車の技術職である彼には電気工事を依頼したりと、仕事の上でもよきパートナーという関係です。

そんな●●くんが、今日は今まで見た中で一番幸せそうでなんだか頼もしく見えます。これからは、△△さんという素敵なパートナーと共に、どんな困難も乗り越えられる素晴らしいご夫婦になられることと確信しています。きっと、天国で見守ってくれている兄貴も弟の幸せな門出を心から祝福していると思います。そんな兄貴の分まで、お2人を応援していきたいと思っていますので、何か困ったことがあれば、いつでも気軽に相談してくださいね。どうか、お互いを信じ、助け合って、いつまでも笑顔があふれる温かい家庭を築いていってください。

それでは、みなさま、グラスを手に取り、ご起立をお願いします。
準備はよろしいでしょうか。

●●くん、△△さんの末永いお幸せとご両家、ならびにご臨席のみなさまのご多幸とご繁栄をお祈りいたしまして、乾杯をさせていただきます。

皆様どうぞ声高らかにご唱和をお願いします。

「乾杯!!」(ゲスト「乾杯!」)

ありがとうございました。


●●さん、△△さん、ならびにご両家の皆様、本日はまことにおめでとうございます。

ただいまご紹介いただきました、■■でございます。諸先輩方を差し置きまことに僭越ではございますが、ご指名により、乾杯の音頭をとらせていただきます。

新郎の●●さんとは、柔道整復師の専門学校でともに学んだ仲です。学生時代の彼はテスト直前だと言うのに一日中パチスロに興じ、それでもほぼ満点をとるくらい優秀でした。その一方で、私には追試という厳しい試練が待ち受けていたことは、言うまでもありません。

そして卒業から数年後には、山梨在住だった彼に私の方からお声をかけ、一緒に新潟で整骨院の経営を始めました。ところが最初はうまく行かず、毎日のようにケンカをしていたこと–気恥ずかしくも、いま胸の中に鮮明に蘇ります。紆余曲折を経て今に至る整骨院ですが、平成21年の開業時より3店舗展開となり、また現在では県内トップクラスの売上を誇っております。これも、人に厳しく自分にも厳しい●●さんと一緒だったからこそと、今は彼への感謝で一杯です。

そして今日は●●さんの晴れ姿を目の前にし、友人としてまた苦労をともにしてきた同士として、感無量の思いです。強面ながら心は温かく、また頼りがいのある●●さん。そして容姿端麗でしっかり者の△△さんなら、きっと二人三脚で明るく堅実なご家庭を築いていかれるものと、私は確信しております。●●さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。どうぞ末長くお幸せに!

それではおふたりの輝かしい未来と、ご両家ならびにご列席の皆様のご多幸・ご繁栄をお祈りいたしまして…
乾杯!
皆様、ありがとうございました。

乾杯の挨拶スピーチ例文4

僕は新郎○○君の友人である■■と申します。本日は、○○くん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。また、ご両家、ご親族の皆様にも、心からお祝い申し上げます。大変恐縮ではありますが、友人を代表いたしまして、乾杯の音頭とお祝いのご挨拶をさせていただきます。

まず、今の僕があるのも、新郎新婦がいてくれたおかげだと思っていますので感謝の言葉を送らせてもらいます。これは、僕が仕事などで行き詰まり、ボロボロになったとき、2人に、相談にのってもらい、また、一緒に遊んでもらえたことで、こうして元気に立ち直ることができたからです。

僕と○○君との出会いは大学時代になりますが、当時から○○君は責任感が強く、自分に厳しく、そして、人には愛情を持って接することが出来る本当に温ったかい友人でした。何度か、本気でけんかをしたこともありましたが、素直ではない僕を気遣い、いつも、仲直りのきっかけを与えてくれていました。そんな彼を見ていて、本当に大きな愛情を持った人間だなぁと思わずにはいられませんでした。また、新婦の△△さんも、やさしく、気配りができて、おしゃれで感性が豊かな女性であると感じています。○○くんと付き合い始めた当初から、彼女にもいろんな相談に乗ってもらいました。

僕にとって、その二人の生き方や仲の良い付き合い方は、人生と恋愛の身近な見本であり、これからも、それは変わらないと思います。二人にはいつまでも素敵な人生を送って欲しいと願っています。

(そんな僕から、ひとつだけこの場を借りて言わせてもらえるなら、ぜひ、△△さんには、○○君の支えをお願いしたいと思っています。○○君は、精神的な強さをもった人ですが、そのストイックさゆえ、自分を追い込み、抑えが効かなくなることもしょっちゅうかと思います。そういう彼の姿勢や性格はこの先も変えられないはずです。ですから、△△さんには、そんな彼を温かく見守って、支えていってほしいと願っています。そして、夫婦円満で明るく幸せな家庭を作っていってください。)

とにかく、ありがとうとおめでとうの気持ちでいっぱいです。長くなってしまいましたが、新郎新婦の末永い幸せと、ここにいらっしゃる皆様のご繁栄をお祈りいたしまして、乾杯させていただきます。

それではご唱和ください。乾杯!

*担当ライターからスピーチアドバイス*

()の部分に関しましては、時間に余裕がある場合にお話しいただけるよう追加しております。通常、乾杯の挨拶は大変短いのが通例となっております。しかし、今回は、友人代表のご挨拶も兼ねるということでしたので、通常の友人ご挨拶同じような形に作成させていただいております。話し方や間の取り方にもよりますが、合計2分程度の内容になっております。

あらかじめ、友人挨拶も兼ねるアナウンスがされている場合は、全てをお話しても問題ないかと思います。しかし、グラスを持ったまま何のアナウンスなく長時間のスピーチは、あまり歓迎されません。その場合、()の部分を削除いただくことで1分程度で終わる内容になりますので、状況に応じて、お使分けいただければと思います。それでは、■■さまのスピーチが成功いたしますようお祈り申し上げます。

新婦の手紙スピーチ例文7

新婦から両親への手紙例文

お父さん、お母さん、○○年間大切に育ててくれてありがとうございました。
今までたくさん心配をかけてきたけど、いつも私を温かく見守ってくれた2人に、今はただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

お父さん、
私が小さいときは、夏になると田んぼで打ち上げ花火をしたり、白浜に旅行につれていってくれたり、紀ノ川にハゼ釣りにも行ったよね。私はお父さんと過ごす楽しい夏休みが大好きでした。お父さんと私は自他共に認める「似た者同士」だから、些細なことでたくさんけんかもしたね。素直になれず、反抗的な態度ばかりとっていた私を時には黙って見守り、時には厳しく叱ってくれたお父さん。大学のときには門限を何度か破って、思いっきり叱られたこともあったね。あの時はすごく怖かったけど、今から思うといつも私のことを心配してくれていたんだなとお父さんの深い愛情を感じています。

お母さん、
お母さんは私にとって一番の理解者で、いつも私が何も言わなくても気持ちをわかってくれたよね。どんな時も「明日は明日の風がふくのだ」と言って明るく笑っていたお母さん。私はそんなお母さんの優しい笑顔が大好きだったよ。落ち込んだときも体調が悪いときも、泣きたいときもその笑顔に数え切れないくらい救われました。それから中学・高校と毎日欠かさず、早起きしておいしいお弁当を作ってくれてありがとう。お母さんの作ってくれた世界一おいしいコロッケとハンバーグの味は一生忘れないからね。

2人には就職のことでもたくさん心配かけたよね。せっかく大きな会社に入社したのに、自分で勝手に辞めることを決めてしまってごめんなさい。でも、最初は反対していた2人が最後には私を心から応援し、「頑張りなさい」と言ってくれたときには、涙が出るほどうれしかったよ。不安な気持ちが吹き飛んで、とても勇気づけられました。そのお陰でただ単に報酬をもらうためだけに働くのではなく、とても充実した仕事に就くことができました。あの時、私を信じてそっと背中を押してくれたお父さん、お母さんには心から感謝しています。本当にありがとう。

私は今日、その温かい腕の中から飛び立とうとしています。たくさんの愛情を注いで育ててくれた2人に、何1つ親孝行らしいことができずにお嫁にいくことを許してください。2人の子供に生まれて本当に幸せだったよ。これからは■■さんと支え合って、お父さんとお母さんのようないつまでも仲のいい夫婦になりたいです。
最後に私を温かく受け入れてくださった●●家の皆様、ふつつか者ですがどうぞよろしくお願いします。


新婦から新郎への手紙例文

●●ちゃんへ

●●ちゃんと付き合って丸2年。いろいろなことがあったね。
●●ちゃんは私と初めて会ったときのことを覚えていますか?私は初対面で緊張しながらも、何とか楽しく会話をしようと頑張ったのに、●●ちゃんはそっけない態度で正直、「なんて愛想のない人なんだろう」って思ったよ(笑)。でも、ホントは●●ちゃんもすごく緊張していたんだね。
付き合うようになってからは、●●ちゃんはいつも私が楽しんでいるか、退屈していないかを気遣ってくれてたよね。重い荷物は必ず持ってくれたり、私の話をニコニコしながら聞いてくれたり・・・。そんな●●ちゃんを少しずつ好きになって、私だけではなくだれにでもきちんと気配りできるところを尊敬するようになりました。
血液型から考え方、行きたい所もよく一致して、不思議な運命を感じることもあったね。そんな●●ちゃんと一緒にいると心が穏やかになって、いつも温かい気持ちになります。だんだんと●●ちゃんの存在が大きくなり、私にとってかけがえのない大切な人になっていきました。だから、●●ちゃんから「結婚しよう」って言われたときには、本当にうれしかったよ。ありがとう。

2年前まではお互い存在さえ知らなかったのに、やがて自分たちの親よりも長い時間を一緒に過ごすなんて不思議だね。これからは、楽しいこと、うれしいことは大声で笑って2倍に、そして辛いこと、悲しいことは2人で半分こして乗り越えていこうね。
おじいちゃん、おばあちゃんになっても仲良く手をつないで散歩に行けたらいいな。
●●ちゃんに私と結婚して「本当によかった」と思ってもらえるように、頑張っていい奥さんになるからね。
こんなに多くの方に祝福されて、迎えられた今日のこの感激をいつまでも忘れないように、2人の心にしっかりと刻もうね。●●ちゃんと出会えて本当によかったよ。少しわがままな私ですが、どうか末永くよろしくお願いします!

上司・主賓祝辞スピーチ例文10

○○さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。ご両家の皆さまのご良縁を祝い、心からお慶び申し上げます。ご指名により、僭越ではございますが、一言ご挨拶を述べさせていただきます。皆さま、どうぞご着席ください。

ご紹介いただきました、新婦△△さんが勤める株式会社××の■■と申します。当社は貨物の国際輸送に関わるサービス業を行っております。
△△さんは2007年4月に、情報システム部のウェブソリューション課に配属となり、ウェブ系のシステムを担当されております。当時、私は情報システム部内の他の課に所属しておりましたが、昨年4月より課長として異動になり、現在△△さんとは同じ課の上司部下という関係です。

さて、私の△△さんの第一印象は「できる人」です。それも、今の課に配属される前から彼女の仕事ぶりには注目しておりました。社内のシステムではありますが、比較的大きな開発を任され、システムの設計からプログラミング、そして全国の営業店への導入の説明会まで行っているのを見て、「入社2年目でこんなにできる人なんだ!」と驚き、感心したことを覚えております。

実際、同じ課になってみましても、その印象は変わりませんでした。難しい仕事をお願いしても、にっこり笑って「やってみます」と言ってしっかり仕上げてしまうという、有言実行的なタイプです。責任感が強く、最終電車まで残っていることもしばしばあるような頑張り屋です。また、課内ではみんなから「△△ちゃん」と呼ばれ、後輩からも慕われている存在です。

昨年5月には当社のホームページをリニューアルするというプロジェクトに、システム側の担当者として参画し、ホームページの動く環境の整備や、一部社内で作成したコンテンツの切り替え等を担当していました。リニューアルした後も保守という形で関わっています。皆さまも、そのことを意識なさって、ぜひ一度当社のホームページをご覧になってみてください。

さらに最近では、お客様とのシステムの打ち合わせや、プレゼンテーションで営業に同行することが多くなってきています。言われたものを作るという役割から、お客様に提案する役割に変わりつつあり、今後の活躍にも大いに期待しているところです。

このように有言実行で仕事をしっかりとこなす△△さんですから、ご結婚後も仕事と家事を両立し、お二人仲良く家庭を築いていかれることと思います。
そういえば、こちらのホテルからは山下公園に係留している氷川丸を眺めることができます。これからはお二人で1つの船に乗り、苦しい時には支えあいながら、人生という大海原を渡って行ってください。

お二人の前途が素晴らしいものでありますように、また、お二人の末永いお幸せとご両家の繁栄をお祈り申し上げまして、お祝いのご挨拶に代えさせていただきます。本日はまことにおめでとうございました。


●●(新郎)さん、△△(新婦)さんご結婚おめでとうございます。またご両家の皆様にも心よりお慶び申し上げます。ご起立の皆様、どうぞご着席ください。私はただいまご紹介にあずかりました、□□(会社名)の社長、〇〇と申します。本日はお二人の輝かしい門出を祝福し、誠に僭越ではございますが、ひとことごあいさつをさせていただきたいと思います。

新郎の●●さんとは、今から3年ほど前に取引先の営業マンの一人として知り合いました。当時の●●さんは、社外の人間である私の目から見ても明らかに営業能力が優れているのがよくわかるほど素晴らしく、思い切って1年半前に「当社に来てくれないか」と声を掛けさせていただきました。その結果、●●さんは当社に入社され、現在ではその実力を如何なく発揮されています。

●さんの仕事に対する情熱や真摯に取り組む姿勢、一秒たりとも時間を無駄にしない営業は、私をはじめ、従業員一同のお手本として見習うべき点が多く、●●さんを見るたびに気持ちを引き締めております。どんな仕事にもマイペース、いつも冷静で的確な判断を瞬時にできるところには感心させられます。

そして、責任感が人一倍強く、与えられた仕事はきちんと最後までやり遂げてくれるので「●●さんに任せておけば大丈夫」という安心感があります。特に営業能力は私が見込んだとおり、非常に長けているので、新規のお客様を開拓することに関しては、彼の右に出る者はいないと思っております。それは、彼がいつも新聞には隅々までしっかり目を通し、情報収集を心がける努力の賜物だと思っております。私が期待した以上の働きぶりには、厚い信頼を寄せるとともに、今後のさらなるご活躍にも大いに期待を寄せております。

また、●●さんとは、プライベートでも時々飲みに行ったりしましたが、そんなときでも、彼には無駄な時間が一切ないことには驚きました。計画的に物事を進めるお仕事ぶり同様、遊ぶときもきちんとしているなと、改めて彼の几帳面でまじめな一面を垣間見ました。そんな●●さんですから、新婦の△△さんにプロポーズするときもきっと綿密な計画をたてて、万全の体制で臨んだのではないかと勝手に想像しておりますが、いかがでしょうか(笑)。

△△さんには本日初めてお目にかかりましたが、先ほどから●●さんを見つめる温かい眼差しに聡明さと優しさが感じられ、「この人なら間違いない」と確信しております。どうか、いつまでも●●さんを信じ、支えてあげてください。

ここでこれから長い人生を共に歩んでいかれるお2人にお願いがございます。それは、いつもどんな時も感謝の気持ちを忘れないということです。長い間一緒にいると感謝すべきことは増えていくはずなのに、どうしても「ありがとう」の言葉を声に出して伝えることが少なくなってしまいます。いくら感謝の気持ちがあっても、それをきちんと言葉にしなければ、相手には伝わりません。これは夫婦に限ったことではなく、自分たちを支えてくれているご両親や周りのすべての人たちにも常に感謝の気持ちを持ってほしいと思います。心からの「ありがとう」は言うほうも言われたほうも本当に気持ちのよいものです。どうか、いつまでもお互いを思いやり、おじいさん、おばあさんになっても心のこもった「ありがとう」が言い合える、温かい家庭を築いていってほしいと思います。

簡単ではございますが、お二人の末永いご多幸とご両家のさらなるご発展をお祈りいたしまして、私のお祝いのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

新郎本人の挨拶謝辞 例文6

皆様、本日は私達の結婚披露宴にお集まりいただき、誠にありがとうございました。
最後に私からお礼の言葉を述べさせていただきたいと思います。

私と妻○○とは、保育園、小学校、中学校と幼なじみで、△△歳の頃に付き合うようになり、6年前23歳の時に長女□□を授かったことをきっかけに、いわゆる「できちゃった結婚」をしました。
先に籍を入れて、子供にパパとママの結婚式を見せようと思っていたのですが、次に長男◎◎の誕生、続いて次女☆☆の誕生と次々と子宝に恵まれ、結婚6年目にしてやっとこのような機会をつくることができました。

今月の24日に妻が30回目の誕生日を迎えるのですが、30歳までには絶対にウェディングドレスを着せてあげたいとずっと心に思っていたので、ようやくその夢が実現できたことがすごく嬉しいです。
また、○○のご両親にも、○○のウェディングドレス姿を今日までお見せすることができず、長い間お待たせしてしまったことをお許しいただければと思います。

しかし、6年の月日が経ち、こうして3人の子供達の前で、また日ごろよりお世話になっております皆様の前で、今日の日を迎えられたことを本当に幸せに思います。
そして、いつも私を支え、家事や幼稚園の送り迎えなど毎日サボることなく頑張ってくれている○○に心から感謝しています。

私の人生の多くに○○が共にいてくれて、これから先も共に歩んでいくことのできる喜びを今改めて感じています。付き合いだした頃よりも、結婚したあの頃よりも、今はずっとずっと大切な存在です。

○○と結婚して、本当によかったと思っています。
○○、いつもありがとう。

私も○○にとって頼りになる良き夫であり、3人の子供達にとって頼もしい良きパパでいられるように、一家の大黒柱としてしっかりと堅実に精進していきたいと思います。
これからも家族5人が皆健康で、日々笑いが絶えない今のままのこの家族でいつづけられることだけが、私の願いです。

今日ここにお集まりいただきました皆様の前で、これからも○○を幸せにすることを今一度お誓いし、新郎謝辞とさせていただきます。
本日は本当にありがとうございました。