新婦友人のスピーチ手紙例文7

●●さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。ご両家のみなさまにも心よりお慶び申し上げます。私はただいまご紹介にあずかりました、新婦の友人の■■と申します。先ほどから幸せそうな新婦の姿に心から感動しております。本日は昨年の私の結婚式で素敵なスピーチをしてくれた新婦に、精一杯のお礼とお祝いの気持ちを込めて、手紙を書いてまいりましたので、この場をお借りして読ませていただきます。なお、手紙の中では新婦のことを普段通り、親しみを込めて△△と呼ばせてください。

△△へ

私たちが仲よくなったのは、高校二年生の時、同じクラスになったのがきっかけだったね。毎朝、一緒に登校して、休み時間や放課後はいつも一緒に過ごしたものです。△△は、明るくてユーモアがあって、みんなを笑顔にしてくれる人。誰とでもすぐに仲よくなれるうえ、情が厚くて友達想いの△△は、クラスの人気者でした。その反面、しっかりしているように見えて、実は私と一緒で、抜けてるところもたくさんあるから、二人でいるとツッコミのない、ボケとボケのコンビ。そんな私たちは、好みも考え方も似ていて、出掛ける時は、まるで打ち合わせをしたかのように、洋服がかぶったり、食事のメニューが同じだったり。周りから「似たもの同士だね」と言われることも多かったよね。

高校を卒業してからは、お互い違う道にすすみましたが、社会人になった今も、月に一度の女子会やディズニー、スノボーなど、昔と変わらない楽しい時間を過ごせることを本当にうれしく思っています。現在、幼稚園の先生として毎日奮闘している△△。残業が続いて大変な時には大丈夫かなと心配になるけど、それでも「仕事が楽しい」と笑う△△にとって、この仕事はまさに天職だね。何事にも全力で頑張る△△は、昔も今も私の自慢の親友です。

そんな△△に私が一番感謝しているのは、いつも親身になって話を聞いてくれること。仕事で辛いことがあった時は優しく相談に乗ってくれたり、落ち込んでいる時には、何も言わなくても気付いてくれて、電話をかけてくれたり。そんな、気兼ねなく何でも話せる△△は、一緒にいるだけで安心できるかけがえのない存在です。これからも、今まで通り、信頼し合える親友としてずっとずっと仲よくしていこうね。

私はお二人の出会いの瞬間から交際、結婚までの過程をずっと近くで見てきました。出会ってから3年もの月日が経ってから、付き合うことになったと報告を受けた時は、正直驚きましたが、あの時のうれしそうな顔は今でも忘れられません。照れ屋な●●さんは、みんなの前ではそっけない態度をとることもあるけど、実は△△のことが大好きでとても大切にしていることを私は知っています。●●さん、△△は明るくていつも元気だけど、時には弱音を吐いたり、落ち込むこともあります。そんな時にはどうか、●●さんの大きな愛で包んであげてくださいね。そして、いつも頑張りすぎてしまう△△、これからは、辛い時や困った時には、隣で見守ってくれている●●さんに思いっきり甘えていいんだよ。もちろん、私もお二人を全力で応援していくつもりです。どうか、いつまでもお互いを信じ、支え合って、笑顔があふれる家庭を築いていってください。●●さん、△△、本当におめでとう。末永くお幸せに!

新婦友人のスピーチ挨拶例文6

本日はご結婚おめでとうございます。私は△△さんの高校時代からの親友で、☆☆☆☆と申します。新婦△△さんとは10年来のお付き合いをさせていただいております。

高校時代、私達は合唱部に所属しておりまして、活気のある青春時代を共に過ごしてまいりました。当時、△△はソプラノのリーダーとして、私はアルトのリーダーとしてチームをまとめておりまして、活動についても熱く二人で語り合ったこともありました。それでも一緒に歌うことへの喜びは、何にも替えがたいものがありました。舞台に立つたびに新しく、また違った幸福をいつも感じておりました。今思うと、これこそが「青春」そのものだったと思います。

そんな歌へも熱い情熱をもっていた△△の一番に得意とすることは、外交的な面だったと思います。合唱連盟の地区委員として、彼女は本領を発揮して、他校との交流や合唱祭の参加など、積極的に我が合唱団を地域に広める活動をしてくれました。

でも、少しだけおっちょこちょいで、連絡事項を忘れてしまうこともたまにありました。でもそんなところが、逆に許せてしまう愛嬌が彼女にはあり、みんなに愛される性格が、彼女の魅力のひとつではないかと思っておりました。

お二人のお付き合いのことも、彼女に○○さんを紹介されて、ずっと存じておりました。お互いを高めあう、本当に素敵なカップルだと思っておりました。

正直、△△に先にお嫁に行かれてしまうのはちょっと寂しいな、という部分もございます。でも、こんな素敵なカップルが近くにいるのならば、私も負けないぐらいの素敵な人を探すぞ、という勇気も沸いてきているところです。

○○さん、△△のこと本当に宜しくお願いします。彼女はしっかり者ですが、少しだけ寂しがり屋なところもあります。○○さんの大きなハートで彼女の全てをこれからも包んでやっていってください。

お二人の末長い幸せを願わずにはいられません。きっとにぎやかな家庭になることでしょう。これからもちょくちょく新居にお伺いさせていただければと思います。

改めて、○○さん、△△、ご結婚おめでとう!どうかいつまでもお幸せに。

新婦友人のスピーチ手紙例文5

只今ご紹介いただきました○○と申します。◇◇さん、△△さんご結婚おめでとうございます。ご両家、ご親族の皆様にも、心からお祝い申し上げます。本日は、友人の△△さんへ祝福の手紙を書いて参りましたので、読ませていただきたいと思います。(※こちらは文頭の挨拶になりますので、不必要な場合は削除ください。)

「私が、△△さん(普段の呼び名など)と仲良くなったきっかけは、高校1年生の時の席順でしたね。当時、私が「○○」、△△さんは「◇◇」、席が前後だった私達はすぐ打ち解けることができました。休み時間、体育の時の移動、そして放課後。いつも私達は一緒だったね。△△さんと過ごせた青春は本当に楽しく、今でもふと思い出します。

高校卒業後は、△△さんはOL、私は看護婦の道へと進み、お互い別々に就職しましたが、社会人になってからも、高校時代の仲間と年に何回か飲みに行ったり、食事をしたり。いつしかお互いの誕生日を祝い、プレゼントを渡しあうようにもなっていましたね。毎年、その月になると△△さんへのプレゼントは何にしようかなと考えたり、いつのまにか楽しみが増えていました。

そして、いつも2人で会うときは私の職場の人間関係や恋愛の相談に乗ってもらい、一緒に悩んでくれて自分だったらとアドバイスをくれました。1度、私のアパートに泊まりにきてくれたときも、遅くまで話し込んでしまって2人そろっていつの間にか寝ちゃったこともあったね。私は、その度に心が軽くなって安心して帰れたことが思い出されます。皆様もご存知でしょうが、△△さんは人の気持ちを分かち合おうとするとてもやさしい性格で、持ち前のユーモアでも場を和ませ、彼女自身も良く笑う、笑顔がとても似合う素敵な女性だと思います。(ちょっと言い過ぎかな(笑))

結婚は何気ない日常の積み重ねだと思いますが、△△さんのその優しさは、きっと新郎の◇◇さんにとっても、かけがえのないものになるでしょうね。

どうかお二人で、ユーモアあふれ笑顔がたえることのない幸福な家庭をつくり上げてください。お二人の健康と末永い幸せを、心からお祈りしてお祝いのご挨拶とさせていただきます。」

本日は、本当におめでとうございました。

新郎友人のスピーチ挨拶例文4

只今ご紹介いただきました、新郎の友人で■■と申します。●●君、△△さん、ご結婚まことにおめでとうございます。ご両家の皆様方へも、心よりお祝いを申し上げます。本日は新郎のご指名によりこの場に立たせていただいておりますが、私は何度か食事やスポーツ観戦を楽しまれるおふたりとご一緒させていただいたこともございます。ですから今日は、自身にとっても大変喜ばしい日となりました。新たなスタートを迎えられた●●君へのエールを込め、ひと言お祝いの言葉を贈りたいと思います。

15年来の友人である●●君とは高校1年生の時に出会い、何でも話せる無二の友人として今でも付き合いを続けております。同級生で同じ部活動の仲間、そして同じ大学へ進学と、彼とは縁が深く、高校在学中は部員が100人以上いる強豪サッカーチームの中で、レギュラーを勝ち取るべく日々練習に汗を流していたものです。●●君は中学時代にクラブチームのレギュラーとして、全国大会出場の経験を持つ名プレイヤーでした。1年生主体の大会で彼だけがメンバー入りとなった時は正直とても悔しかったですが、自分なりに上達できたのも自分のしたい練習を後回しにしてでも、私との自主練に付き合ってくれた彼のお陰と、深く感謝しています。その後の※※大会では、私のセンターリングから●●君がゴールを決め、自分がゴールするより嬉しかったことを今でも忘れません。

また、社会人となってからは、県外に就職した私のことを彼はいつも気にかけてくれました。きっと知り合いもいない土地で、初めての仕事に取り組む大変さを察してくれたのでしょう。遊びに来た●●君と話をする度に、すっと気持ちが楽になっていったものです。そんな私たちが親密過ぎるように見えるのか、周囲の友達からは「ホモーズ」と言われたり、△△さんにもそれを疑われるほどですが、決してそんな仲ではないことを、この場をお借りして断言しておきます(笑)!けれども、元来人見知りの私にとって唯一の相談相手と言えるのが●●君であり、常に前向きな気持ちにさせてくれる彼のことを私は心から信頼し、これからもさらに親交を深めていきたいと思っております。

そして、そんな●●君が尊敬の気持ちを寄せる人こそ、△△さんです。以前に何度かお会いしたことのある彼女は、明るい笑顔で自然と周りを元気にさせてくれるような女性で、●●君のそばでとても幸せそうにしていらっしゃる姿が強く印象に残っています。しかし、彼に聞くところによれば、仕事に向き合う△△さんの姿勢には見習うべきものがあり、自分もかなわないくらいの存在なのだそうです。おふたりがタッグを組めば、きっと最強最高のパートナーになれるはずです。お互いを尊重し、より楽しく充実した毎日を送って下さい。ご夫婦として協力し合い、温かく堅実なご家庭を築いていかれることを願っています。△△さん、●●君は信頼を寄せて間違いのない男です。ご自身を支えてくれる人生のパートナーとして、心底彼のことを頼って下さい!どうぞ末長くお幸せに…●●君、△△さん、本日は本当におめでとう!

新郎友人のスピーチ挨拶例文3

●●さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。ご両家のみなさまにも心よりお慶び申し上げます。私はただいまご紹介にあずかりました、新郎の友人で■■と申します。本日は精一杯のお祝いの気持ちを込めて手紙を書いてまいりましたので、この場をお借りして読ませていただきます。なお、手紙の中では新郎のことを普段通り●●と呼ばせていただくことをお許しください。

●●へ

●●との出会いは中学生の時でしたね。あれからもう○年の月日が経ったなんて、信じられません。中学では二人とも卓球部に所属して、毎日一生懸命練習に励んだことを思い出します。部活の時間だけでは物足りなくて、近くの公民館の体育館で遅くまで練習したこともありました。さらにスポーツ好きな私たちは、時間があれば草野球やサッカーにも手を出し、中でも特にはまったのはボーリングで、当時は週に2~3回は通ったものです。今思うと、どうしてあんなに熱中したのかわかりませんが、とにかく●●と一緒に身体を動かすことが楽しくて仕方がないという感覚だけは覚えています。

●●は、きさくな性格で、初めて会った相手にも気軽に話しかけ、すぐに打ち解けられる人です。その上、優しくて、友達思いの●●の周りにはいつもたくさんの友達が集まってきましたね。持ち前の明るさで皆を笑わせたり、時にはリーダーシップを発揮して皆から頼られたりと、男女問わず好かれていた●●。そして、●●には、パソコンを自作するという特技があり、仲間内では「名人」と呼ばれてるほどその腕前は確かで、我が家をはじめ、友人から私の同僚に至るまで、●●特製パソコンの愛用者です。もちろんメンテナンスにもしっかり対応してくれるので皆とても助かっています。今は、お互い仕事に追われ、忙しい日々を過ごしていますが、頻繁に連絡を取り合い、飲みに行ったり、遊びに行ったりする仲が続いていることを本当にうれしく思っています。

△△さんには、何度かお会いしていますが笑顔が可愛らしく、しっかり者という印象を持っています。きっとお二人ならいつまでも仲のよいご夫婦になられることでしょう。さらに△△さんのお腹には新しい命が宿っているとのこと。●●には、愛する△△さんと赤ちゃんを何があっても全力で守り、夫として父として頑張ってほしいと思います。ただ、これからも今まで通り、付き合っていきたい思っているので、△△さん、時々は●●を貸してくださいね。どうか、お互いを信じ、助け合って、辛いことは半分に、喜びは何倍にも膨らませながら、いつまでも笑顔があふれる温かい家庭を築いていってください。末永くお幸せに!